FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2019-03-09 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ
愛知県 O様 LANCIA DELTA COLLEZIONE

何と!遠路はるばる愛知県から愛車のLANCIA DELTA COLLEZIONEを
自走なさってQuickにメンテナンスで、ご入庫いただきました。
大変お疲れさまでした、ご入庫ありがとうございます。
今回のご用命は長年使用に耐えてくれていたショックアブソーバーが遂に
経年劣化でオイル漏れがはじまりョクアブソーバーの機能が著しく低下して
本来の性能がしなくなり、リペアする事でご相談させて頂き、今回のご入庫
となりました。

DSC_9049.jpg

LANNCIA DELTAのショックアブソーバーは信頼性のあるオイルダンパー
に高圧ガスを封入した非分解の密閉型ショックアブソーバーとなっておりま
す。ショックアブソーバー本体からオイルが漏れだす状態では既に高圧ガス
は全てガス漏れて無くなっており、オイルとガスのコンビネーションによる
本来の性能は皆無の状態になってしまいます。

LANCIA社からの純正部品の供給は15年以上前に止まり、アフター部品
のショックメーカーであるコニー社やザックス社などの販売も既に終了しい
るので残念ながらアセンブリー(ASSY)での新品部品の入手は非常に難し
く、運よく入手できたとしても製造が10~15年以上まえの物しか無く新品で
ありながら既に内部のシールの劣化や高圧ガスが漏れてしまっている状態
も十分考えられるので古い部品を使用する事止めてオリジナルのショックを
長年お付き合いのあるビルショタインのスペシャリストである名古屋の
エナペタルにQuickのオリジナルデーターに基づくスペシャル、
ビルショタインショックアブソ-バーを製作致しました。
P1010547-01.jpg
P1010547-02.jpg

ショックの交換という事でご入庫頂きましたが、ご入庫直後よりクーラント液
の漏れを数箇所確認した為、ラジエーターが懸念劣化の為水漏れしている
事が判明した為、急遽ラジエターの交換が必要になりました。

P1010507.jpg
エラジエターが経年劣化して水漏れを起こすとなれば。当然他の水回り
関連の部分もチェックする事が、予防整備としては当然考えられます。
今回はラジエターを含めメンテナンス含め、ウォーターライン関連をメンテ
ナンスさせて頂きました。
ラジエター本体や関連するウォーターポンプの交換、またウォーターポン
プの交換に付随して作業上どうしても取り外す必要が有る事も踏まえ
タイミングベルト関連一式の交換も併せて実施するようご提案させてい
ただきました。

P1010528.jpg
劣化したラジエーターホース、タービンに回っている冷却用バイパスホース
も併せて交換しました。

P1010512.jpg
ウォーターポンプ廻りのホース等からも漏れを確認していた為、ウォーター
ポンプ交換に伴い劣化の見られたタイミングベルト一式も交換としました。

P1010513.jpg
ウォーターポンプからエンジン後方を通る三方ホースも対策されたパーツ
に交換。
DSC_9041.jpg

問題箇所の修理後、クーラント液の交換を行い試運転をし万全の状態で
お引渡しできるよう勤めておりますのでもうしばらくお待ちいただくようお願
い致します。
クイックトレーディング サービス部
  1. 2019/03/09(土) 19:30:31|
  2. LANCIA




<<2019-03-20 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ | ホーム | 2019-02-24 本日の高島平Factory>>