FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2016-09-09 COLLEZIONE メンテナンス 
埼玉県大宮市 K田様 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ COLLEZIONE

車検にてご入庫頂いたCOLLEZIONEになります。
早速点検させて頂き整備箇所を洗い出します。

DSCN6719.jpg

K田様のお車はまだ15,000km台のお車で最初はそんなに整備箇所が無いかなと思っていましたが、まず電気負荷がかかると写真のように電圧計が一気に左へ振り、ABSのチャージランプも点灯します。
DELTAの電圧計の表示はあまり正確では無いのですがABSのチャージランプ点灯しているので明らかに充電不足ですので点検した所オルタネーターや配線関係は特に問題ありませんでした。

DSCN6742.jpg
*写真は交換後

今回の原因はキルS/Wで、接点が接触不良を起こしていました。
弊社では普段、あまり乗らないお客様に対してはキルS/Wを取付けするよりバッテリーターミナルを取り外すようにご提案しているのですが、キルS/Wの方が手軽な為どうしても取付け依頼が多いのですが、特に年数が経つと今回の様なトラブルが多く正直あまりお勧めはしていません。
今回は前回の取付け時より年数も経過し、前回入庫時もキルS/Wの接点を修正している事から新品に交換させて頂きました。
併せてバッテリー、バッテリーターミナルも交換させて頂きました。
次に下廻りを点検した所、数点の要整備箇所が見つかりました。
まずはリヤマフラーです。

DSCN6720.jpg

DSCN6721.jpg

お車の入庫時に排気漏れの音を確認していましたので点検した所、写真の様に数か所劣化により穴が開いているのが確認出来ました。
以前溶接修理はしているのですがその部分もまた大穴が開きその他も劣化が酷い為、今回はステンレス製の物へ交換させて頂きました。

DSCN6734.jpg

DSCN6733.jpg

次に足廻り関係になります。

DSCN6723.jpg

DSCN6724.jpg

DSCN6725.jpg

足廻りに関してはブッシュの劣化が確認出来一部は剥離していました。
またショックより僅かながらオイルの漏れが確認出来ました。
そしてタイヤですが写真の通り内側が縦に割れています。
特に写真下の右後ろが酷く、一周全部に写真の様な大きな縦の傷ともヒビ割れとも言えるような物が確認出来ました。

DSCN6728.jpg

DSCN6736.jpg

DSCN6735.jpg

DSCN6740.jpg

DSCN6739.jpg

DSCN6737.jpg

ブッシュに関してはいつものようにウレタン製の物へ交換し、ショックに関してもオリジナルと同等品の新品へ交換、併せてバンプラバーとダストブーツも交換、アライメント調整もさせて頂き、タイヤも新品のRE-71Rへ交換させて頂きました。
その他、ターボホースや消耗品、定期交換部品等交換させて頂き、最後に車検継続検査を受け無事に作業完了しました。

お車の方はいつでも御出庫出来ますのでご連絡お待ちしております

クイックトレーディング サービス部
  1. 2016/09/09(金) 19:47:33|
  2. LANCIA




<<2016-09-30 FIAT LANCIA ALFA ABARTH 勢揃い! | ホーム | 2016-09-03 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ>>