FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2015-07-14 LANCIA DELTA EVO-Ⅰ V5
東京都八王子市 N野様 LANCIA DELTA EVO-Ⅰ MARTINI5

タイミングベルト切れ後そのまま15年以上眠りについていたMARTINI5。
現在弊社にてフルリセット作業の真っ只中ですが、中々まとまった時間が取れず予定の工期通りに進まずかなり遅れており、N野様には大変ご迷惑お掛けしております。

DSCN1930.jpg

DSCN1933.jpg

現在ボディの全塗装の為に取り外した内装関係は組み付けし、足廻り、燃料系、ブレーキ等のリセット作業を終わらせエンジン廻りの作業に取り掛かっています。

DSCN2528.jpg

DSCN5074.jpg

DSC_8019.jpg

DSCN5008.jpg

入庫時に何故かグローブBOXに取り付けられていたシリアルプレートは本来の位置に戻させて頂き、穴の開いているグローブBOXは弊社にストックされているものに交換しました。

DSCN4571.jpg

DSCN5019.jpg

DSCN5065.jpg

ブレーキ廻りもキャリパーシール類を交換し、ブレーキホースもステンメッシュタイプの物に交換。
今回はパット&ディスクローターもボロボロだった為再使用は不可と判断し新品に交換しました。

DSCN4164.jpg

DSCN4163.jpg

DSCN4160.jpg

DSCN4167.jpg

DSCN4166.jpg

今回特に酷かったのが燃料廻りで、恐らく15年以上放置されていた事からタンク内に残っていたガソリンは腐ってしまいコールタールの様にドロドロベトベトでゴムというゴム類はすべて溶けてしまいタンクよりへばりついたポンプユニットASSYを取り外すのも一苦労でした。
同様にタンク内部も全面に渡りコールタール状になった腐ったガソリンがへばり付いており内部を綺麗にするにもかなりの時間が掛かり一苦労でした。
ポンプ廻りはハウジング類は出来るだけ綺麗にしポンプ及びポンプマウントは対策品の物へ交換します。

DSCN4392.jpg

DSCN4391.jpg

DSCN4390.jpg

同様にDELTAのウィークポイントの一つでもあるタンク上部にあるブリーダも対策品に交換し腐食し導通不良になっていたセンダユニットも接点を磨き綺麗にし取り付けします。

DSCN4393.jpg

DSCN4415.jpg

DSCN4416.jpg

その他、足廻りのアーム類をブラストして錆を除去し再メッキや再塗装しブッシュ類やハブベアリングの交換等基本リセット作業を行いました。

そしてボディの塗装最中にO/H作業をしたエンジン、ミッション、デフ等組み付け車両に載せます。

DSCN0331.jpg

DSCN0330.jpg

DSCN0337.jpg

DSCN0403_201507141936573c6.jpg

DSCN0400.jpg

DSCN5003.jpg

DSCN5004.jpg

DSCN5064.jpg

ヘット廻りは面研及びバルブガイド、全バルブを交換し現在タペットクリアランスの調整を行っている最中です。

DSCN5069.jpg

DSCN5068.jpg

DSCN5070.jpg

DSCN5072.jpg

DSCN5073.jpg

これ以上なるべく遅れが出ない様、現在優先的に作業を行っておりますので今しばらくお待ち下さい。

クイックトレーディング サービス部



  1. 2015/07/14(火) 20:27:28|
  2. LANCIA DELTAリセットカー




<<ALFA ROMEO CORSE GTV V6 2.0 TB | ホーム | 2015-07-10 FIAT Coupe FIAT>>