FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

クラッチ不良
【クラッチが不良でご入庫156TS】

クラッチがガタガタして、とても走れないとのご連絡を頂き、現地からレッカー作業で、ご入庫頂きましたk田様のALFA ROMEO 156TSです。
早速、入庫時のチェックから作業を開始させて頂きました、が、、、とてもクラッチが正常使用できる状態では無い事が解かりこの状態で確認作業をすれば更に二次災害が起る可能性がありそうなので、直ぐにクラッチの点検作業に掛からせて頂きました。

DSCN2478.jpg
DSCN2479.jpg

ALFA ROMEO 156TSのクラッチを点検又は分解するには、大変な作業が必要となります、フロントのメンバー(サブフレーム)の脱着が必要なのです。
DSCN2480.jpg
DSCN2484_20140528202256daa.jpg
DSCN2487_2014052820225842e.jpg
ミッションを取外してみると、バラバラになったクラッチディスクの破片が!!!!
そしてクラッチカバーを外して”ビックリ”何とクラッチディスクが分解してバラバラになっているのです、クラッチはある程度の距離で磨耗して使用出来なくなり寿命となりますがこのような破損は稀です、原因は色々かんがえられますが、前回のクラッチO/H時の組付け(他社)不良/レリーズベアリングの作動不良又はクラッチカバーのプレッシャー圧力が均一になってない不良、そしてドライバーのクラッチ使用が過酷過ぎたなど色々かんがえられますが 、とにかくディスクがバラバラでは通常にクラッチが使用できません。

DSCN2500.jpg
DSCN2498.jpg
DSCN2501.jpg
早速新しいディスクを取付ます、フライホイール側も問題ないか良く点検してディスクの当たる面を磨いてディスクの密着性を上げます。
通常、クラッチのO/Hとはこの部分の交換で終わるのですが、、、Quickではこの時点でなければ出来ない作業を必ず行います。
DSCN2490.jpg
DSCN2491.jpg
まず、クランクシャフトのオイルシールがオイル漏れを起こしていないかチェックします、この作業は一旦フライホイルを取り外す必要があるので非常に厄介ですので、通常良く言うクラッチのO/H工賃などでは省いている事がほとんどです。

ALFA ROMEO ツインスパークのエンジンにはエンジンの振動を押させスムーズなエンジン回転をさせる為に2本のバランスシャフトがついています、このバランスシャフトの組込用に空いている穴をふさいでいるメクラ蓋が経年劣化でシールの弾力性が無くなりオイル漏れを起こす事はツインスパーク搭載の車には宿命的なことで、必ず定期的チェックを行い走行距離に関係なく時間経過で交換をする事が必要です。
DSCN2488.jpg
DSCN2489.jpg
DSCN2493.jpg
DSCN2494.jpg
DSCN2495.jpg
DSCN2496_20140528201422e58.jpg
DSCN2497.jpg
バランスシャフトのメクラ蓋です、この部分もオイル漏れをおこしている事が多々ありますが、ミッションを取り外した時でなければ、状態の確認も修復も出来ないのえ非常に厄介です。従いましてQuickではクラッチのO/H時にはかなrズ点検チェックして劣化が見られる場合には交換などの修復を行うようにしております。
良く、クラッチをO/Hしたのにオイルが漏れてまたやり直しなどといケースはコストを抑える余り肝心な予防整備を怠った事が敗因と思われます。
DSCN2502.jpg
DSCN2503.jpg
DSCN2507.jpg
DSCN2510.jpg
DSCN2509.jpg
今回はエンジンの不調メンテも作業内容のご指示が、ございましたのでALFA 専用コンピュターテスターなどの機材を使用し原因の追究そしてケアーをさせて頂きました。
最終テストを含め逐次作業を進めております、完成まで今しばらくお待ち下さい、よろしくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2014/05/28(水) 20:00:49|
  2. ALFA ROMEO




<<2014/06/05 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ | ホーム | ボディー修復完了>>