FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2013/8/11 LANCIA Delta Evo-II (リセット)
宮城県仙台市T山さま LANCIA DELTA EVO-Ⅱ

最終仕上げの一つが室内カーペットやドア内張りのクリーニングです。
クイックトレーディングでは通常のクルマの内装クリーニングで行われる技法ではなく、特殊クリーニングと呼ばれる衣服や絨毯、ソファーなどのクリーニング専門の外部スタッフにこの作業をお願いしています。
それは従来のクルマの内装クリーニングではどうしてもすっきりと汚れが落ちなかったからで、特殊クリーニングに用いられる薬剤や技法をベースに自動車特有の汚れに対する工夫を加えて開発したクイックトレーディング独自のクリーニング法と言えます。

DSC04525.jpg

クリーニング前のドア内張りです。デルタの場合はシートと同じアルカンターラが張り込まれた贅沢な仕立てとなっているのですが、やはり手で触れる部分は汚れています。

DSC04526.jpg

特にドアの開閉の際に触れる部分は永年の使用で汚れが染み込んでしまっています。
こうした汚れは単に生地の表面に付着しているのではなく、繊維の奥深くまで染み込んでいますので、通常の洗剤で表面のみを綺麗にしても薄汚れた状態になるだけで、すっきりと汚れを落とすことはできないのです。

DSC04528.jpg

助手席のドアも一見すると汚れてはいないように見えますが、

DSC04529.jpg

やはり手が触れる部分は汚れています。

DSC04531.jpg

フロアカーペットはどんなにマットを敷いていても汚れてしまいます。特にペダル周りは直接靴で触れる部分でもあり、またデルタの場合はベージュのカーペットであるために汚れが目立つ部分です。

DSC04530.jpg

助手席のカーペットは一見すると汚れてはいないように見えますが、それでもサイドシル(乗降するドア側)は泥や油染みが見受けられます。

DSC04532.jpg

後席は殆ど使用した形跡がないのですが、

DSC04533.jpg

荷物を置いたりしたために、細かなシミ汚れが見受けられました。

これらの汚れを特殊クリーニングで綺麗にします。

DSC04539.jpg

クリーニング後の運転席ドアです。永年の手垢の汚れがすっきりと落ちました。

DSC04534.jpg

助手席も同様です。写真では分かりにくいのですが、アルカンターラの色味も復活したように思います。

DSC04537.jpg

フロアカーペットも綺麗になりました。

DSC04535.jpg

こちらは助手席です。サイドシルの立ち上がり部分の汚れは完全に落ちています。

DSC04538.jpg

後席も全体的に綺麗になっただけでなく、

DSC04536.jpg

シミ汚れも完全に落ちました。

ご用命のガラスコーティングを施し、エンブレム類をリフレッシュすればいよいよ完成です。

クイックトレーディングサービス部



  1. 2013/08/11(日) 19:00:35|
  2. LANCIA DELTAリセットカー




<<2013/8/18 LANCIA Delta Evo-II (リセット) | ホーム | 2013/8/10 LANCIA Delta Evo-II (リセット)>>