FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2013/6/30 LANCIA Delta Evo-II (リセット)
宮城県仙台市T山さま LANCIA DELTA EVO-Ⅱ

DSC04187.jpg

エンジンブロックはこのような状態です。これはこの個体に限ったことではなく、製造から20年が経過し、走行を重ねて来ると、あちこちからオイルが漏れて来ます。

DSC04186.jpg

ヘッドカバーを開けてみました。ヘッドのコンディションは悪くはありません。

DSC04188.jpg

DSC04191.jpg

しかし、これまた止むを得ないのですが、タイミングベルトのプーリー類はグリスが硬化しています。リセット作業ではこれらは全て交換しますので、何の問題もありませんが、このまま乗り続けるのは無理でしょう。

DSC04192.jpg

ヘッドを降ろしました。ヘッドはこれから分解オーバーホールを行います。

DSC04193.jpg

一方のシリンダーブロックはというと、このようにカーボンが付着してドロドロ状態です。

DSC04194.jpg

DSC04195.jpg

これまた無理からぬことなのですが、全て分解洗浄を行いオーバーホールします。

DSC04201.jpg

パワーステアリングラックもオーバーホールを行いますが、このように随分と痛んでいました。

DSC04202.jpg

すでにオイル漏れを起こしていましたので、限界だったと思われます。

DSC04203.jpg

エンジンルームからエンジンを降ろしました。これからさらにエンジンからミッションケースを分離し、各々をオーバーホールして行きます。

DSC04205.jpg

外したパーツ類はブラスト処理を行い、クロメートメッキ処理を行ってから、再度組みつける準備を行います。

DSC04206.jpg

ブレーキローターも同様にブラスト処理を行い、表面の錆を落とします。

リセット作業の基本サイクルは分解→洗浄→測定/調整→組立で、交換する部品以外のものでもそのまま組み立てるということはありません。一旦全てをチェックして問題がないかどうかを確認してから組み立てを行います。

クイックトレーディングサービス部
  1. 2013/06/30(日) 19:00:58|
  2. LANCIA DELTAリセットカー




<<2013/7/3 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ (リセット) | ホーム | 2013/6/29 LANCIA Delta Evo-II (リセット)>>