FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2013/6/29 ALFAROMEO ALFA75 3.0V6 QV
東京都港区T馬さま ALFA ROMEO 75 3.0V6 QV

シートリペアの続きです。剥がしたシート表皮はクリーニング業者に送られます。
ALFA75のシートに限らないのですが、シート生地の裏面にはクッション材(スポンジシート)が貼り付けられている例を多く見受けます。

1061585_477103095698753_1193810225_n.jpg

このクッション材は劣化すると粉状に分解し、結果として表面に浮き出して来ます。もともとはシート表皮に厚みを増して、皺にならないようにと加工されていたのでしょうが、劣化するとこれが迷惑至極のシロモノになってしまいます。

クリーニングに際しては、この裏地のスポンジを除去することから始めます。

1063328_477102905698772_279548041_n.jpg

スポンジを剥がすのは根気の要る作業ですが、少しでも残してしまうと・・・。

1056979_477102829032113_1735366644_n.jpg

クリーニングを行った際にこのように表面に浮き出して来ます。

1059295_477102969032099_1773166727_n.jpg

様々なクリーニング液をブレンドして生地が縮まないように丁寧に洗って行きます。

1063390_477103042365425_1132749359_n.jpg

ダークカラーの生地で、汚れは目立たないのですが、やはりこうしてクリーニング液に漬けると積年の汚れが浮き出して来ます。

DSC04220.jpg

洗い上がったシート生地です。ツイードという実に贅沢な生地をシートに使っているのですが、綺麗に洗い上がったその生地はディテールがはっきりと分かるようになりました。イタリア車はボディのデザインだけでなく、こうしたところにも日本車にない贅沢かつデザインセンスに溢れた設えをしていることが良く分かります。

DSC04222.jpg

いよいよシートの組み立てを行います。

クイックトレーディングサービス部
  1. 2013/06/29(土) 12:58:22|
  2. ALFA ROMEO




<<2013/6/29 LANCIA Delta Evo-II (リセット) | ホーム | 2013/6/26 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ >>