FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2013/6/23 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ (リセット)
東京都杉並区S田さま LANCIA DELTA EVO-Ⅱ リセット

続いてターボチャージャーの組み立てです。リセット作業ではオーバーホールしたターボチャージャーを組み付けます。

DSC04073.jpg

高速で回転するターボチャージャーのタービンは傷みやすく、初期の性能を発揮させるためにはオーバーホールは必須です。

DSC04072.jpg

オーバーホールにおいてはハウジングは流用するものの、中味は新品部品に交換します。

DSC04074.jpg

インタークーラーもオーバーホールを行い、再塗装の後に取り付けます。

DSC04076.jpg

続いてヒーターユニットのリセットです。

DSC04008.jpg

ヒーターユニットをエンジンルームから取り外して分解します。

DSC04010.jpg

ヒーターコアやエバポレーターはとにかく掃除が肝心で、永年の使用により内部が汚れているために、そこから出る風がカビ臭くなってしまうのです。

DSC04017.jpg

ヒーターコックの内部を見ると、LLCの汚れが付着してヘドロ状になっていました。

DSC04019.jpg

ヒーターコックは新しいものに交換します。

DSC04016.jpg

ヒーターコアは腐食をチェックし、内部を洗浄します。

DSC04022.jpg

エアコンのユニットは全て新しいものに交換します。コンプレッサーはR134a対応のものに置き換え、エキスパンションバルブやホース類も全て交換します。

DSC04021.jpg

リセットが終了したヒーターユニットを再び取り付けます。

DSC04075.jpg

ラジエーターはアルミ製の高効率タイプに交換することにより、日本の過酷な夏の環境でもオーバーヒートの心配がなくなります。

こうしてエンジンルームのリセットは完了しました。いよいよ最後の仕上げのインテリアリセットに移ります。

クイックトレーディングサービス部
  1. 2013/06/23(日) 19:00:21|
  2. LANCIA DELTAリセットカー




<<2013/6/23 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ (リセット) | ホーム | 2013/6/21 ALFA ROMEO 166>>