FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2013/5/10 LANCIA Delta Evo-II リセット
宮城県仙台市T山さま LANCIA Delta Evo-II リセット

遠く仙台からリセットのご用命を賜りました。現在、工場では2台並行でリセット作業を行っておりますが、通常の工程を逆転させ、ボディリセットから作業を進めさせていただいております。

CIMG0468.jpg

まずはドアノブやウインカー、エンブレムなどを取り外して行きます。
通常であれば簡単な作業ですが、デルタに限らず旧いクルマの場合は脱着の際にこれらのパーツが壊れてしまうこともあり、またそうなってしまうと代替品が入手できないケースもありますので、細心の注意を払って取り外して行きます。

CIMG0471.jpg

最大の難所はこのルーフモールで両面テープによりボディに貼り付けられたこのモールはその長さのせいもあり、最も折れ易いパーツです。

一見すると大した傷のないボディも細かく見ていくと小さな当て傷や凹みが散見されました。
ボディオールペイントの作業ではこうした板金作業も当然行うこととなります。

CIMG0531.jpg

CIMG0545.jpg

CIMG0543.jpg

CIMG0544.jpg

CIMG0542.jpg

また、この個体でもDelta特有の錆の定宿が見つかりました。それはウインドウモールの下で、ここに水抜き穴が開けられており、ドレインホースがついているのですが、経年劣化でホースが詰まり水が流れなくなってかえって錆の原因となっています。

CIMG0476.jpg

本来、ウインドウモールがしっかりと取り付けられていれば雨水が浸入しない箇所ですので、今回はこの錆の原因となる穴を塞ぎ、コーキングを施して雨の浸入を防ぐ処置を行いました。

CIMG0515.jpg

錆の処理とボディ表面の処理が終わったらいよいよ下地の塗装となります。

CIMG0562.jpg

CIMG0567.jpg

CIMG0568.jpg

乾燥が終われば本塗装です。

CIMG0573.jpg

CIMG0575.jpg

クイックトレーディング サービス部
  1. 2013/05/10(金) 19:00:06|
  2. LANCIA DELTAリセットカー




<<2013/5/10 LANCIA Delta Evo-II リセット | ホーム | 2013/4/28 BERTONE X1/9>>