FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2011/03/23【LANCIA DELTA RESET】
山口県宇部市 M脇様 フルリセット作業(NO-05)

山口県から遠路ご入庫頂いております。LANCIA DELTA ブルーラゴス の作業報告NO-05となります。
エンジンなどの動力部分のリセット作業が進むにつれて他のボディー部分やパワートレインに付随する部分もエンジンをセットアップする前に整えておかなくてはいけません。
この作業過程でもさまざまな問題や注意点があります今回はこのご報告となっております。

リヤデフを支えリヤの足回りの要であるリヤ サブフレームです、永年の過酷な使用状況で錆などが出始めて状況でしたが!!!滑り込みセーーーフでした、まだまだ大丈夫、この段階で一度サウンドブラスト処理をして錆や古い塗装などを全て取り除きます。

IMG_5519_20110323215213.jpg
IMG_5530.jpg

そして金属がむき出しにした状態からまず、防錆塗料を丁寧にぬります、金属部分が絶対に露出しないように特に注意します。
完全に防錆塗料が乾き溶剤分(シンナー)が乾いたら、本来の塗装を施します。

本来の状態にもどりました
IMG_5536.jpg

ミッションは勿論フルオーバーホールとなります。
全てを分解して各部の磨耗やベリングの状態、そして一番肝心なギアの磨耗点検、シンクロの状態など綿密な計測と熟練したメカニックの目で一点一点、正常な状態か確かめます。

IMG_5559.jpg
IMG_5560.jpg
IMG_5561.jpg
IMG_5562.jpg

ミッションを使用する時に一番気になるシフトアップ&シフトダウン時の作動状態、スムーズなシフトが出来なかったたり、異音がする時は大部分がこのシンクロがダメになっています。
交換や修整が必要かを判断するには、かなり高度なキャリアが必要となってきます。 

IMG_5563.jpg
IMG_5564.jpg
IMG_5565.jpg

良く忘れがちな部品がこのエンジンマウントです!主要エンジンマウントは4ケ所あり、総重量で100kgを軽く超えるエンジン&ミッションの重量をたった4個のマウントで支えています。
ただ、支えるのではなく、エンジンの駆動トルクが掛かればトルクの力分だけ支える部分に応力が掛かります。非常に過酷な使用状況で酷使されているのですが、あまり気を使っているオーナーはいないようです?
今回のDELTAも画像から判断できますように新品のマウントと15年使用したマウントでは高さが15~20mmも圧縮されていました。
これでは本来のマウントの役目はしません。これだけマウントが沈み込むと色々と支障がでてきます、シフトリンケージにシフトシャフトが本来より低い位置で作動となる為、シフトチェンジがスムーズに行かなくなります。
また、ドライブシャフトやプロペラシャフトの位置関係も正常値と異なってくる為に走行上にも問題が出てDELTA本来の走りやフィーリングが出なくなってきます。


IMG_5580.jpg
IMG_5581.jpg
IMG_5582.jpg
IMG_5583.jpg


センターデフのオイルシールですが既にメーカーが生産を終了してしまい、他のサードパーティーでも入手は出来ない部品となっております。
このシールは構造と規格が特殊な為、汎用タイプを国内、国外を含め探しましたが互換性のある物は生産されていませんでした。まさにLANCIA社がDELTAの設計に対して独自に規格したもので、このようなサイズと規格にしたのにはきっと深い考えと技術的なこだわりがあったものと思われます。
しかし、今となってはこの独創性が、あだとなって我々メカニックを困らせています。たった1つのオイルシールが無くても車は走れません、巷でよく言われる”困った時は中古部品”は通用しません、なぜなら、オイルシールは一度装着したら取り外すときは壊す以外に手立てはないのです、仮にうまく外れたとしても10年~20年センターシャフトが回り続ける部分に擦り続けたゴム製のシールがこれからも良い状態で保たれるはずもありません。
要するにこの部品も含めゴム製の部品はタイヤが良い例で、ある程度の期間を過ぎると使用してもしなくても、確実に劣化してくるのです。勿論この事はLANCIA DELTAに限らず全ての車に当てはまります。したがって、中古車でよく売りにしている走行距離が短いから程度が良いなどと言う根拠は無いと思われます。
このような状況を踏まえてQUICKではこのオイルシールをシールメーカーに特注して生産して頂きましたので、リセット作業には何ら支障がございませんのでご安心下さい。
リセット作業は単に作業が出来れば誰でも出来るという事ではありません、こうした部品の確保などの地道なフォローがあって、初めて可能となります。

IMG_5584.jpg
IMG_5589.jpg
IMG_5590.jpg
IMG_5593.jpg

電装系のターミナルや配線もかなり痛んでいました、永年、大きな電流が流れて、ターミナル部分はどうしても接触抵抗が増えてしまい、結果、熱を持ち更に配線が焼けてしまうのです。
こうした状態の配線部分も全て作り直します


IMG_5594.jpg
IMG_5596.jpg

クラッチ部分の要であるフライホイールも綺麗にリセットされて回転バランスも点検したのちエンジン本体に着装します。
更にクラッチディスク&カバーを取付て最後にオーバーホールを終えたミッション本体、センターデフを取付、エンジン本体の概要が出来上がってきました。


IMG_5602.jpg
IMG_5603.jpg
IMG_5604.jpg

エンジン&ミッションを載せる作業はもう直ぐです。

Quick Trading サービス部
  1. 2011/03/23(水) 21:45:17|
  2. LANCIA DELTAリセットカー




<<2011/03/27【LANCIA DELTA RESET CAR】 | ホーム | 2011/03/08【LANCIA DELTA RESET】 >>