FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2010/11/20【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ】
千葉県船橋市 k瀬 様  LANCIA DELTA EVO-Ⅱ ターボ破損修理

パールK様いつもメンテナンスご入庫いただきありがとうございます。
今回は筑波サーキットでのスポーツ走行をエンジョイされていた時に起ったターボチャージャーの異音とそれに伴うブースト圧の不調によりサーキットからダイレクトに緊急入庫頂きました。
緊急チェックの結果、ターボチャージャーが作動するエンジン回転領域になっても加圧がされずターボチャージャー本体の損傷が原因と判断致しました。
ターボチャージャーを点検するには一旦エンジン部分から切り離さなければならないので大変な作業となります。

DSC_0717.jpg
DSC_0718.jpg
DSC_0725.jpg
DSC_0726.jpg
DSC_0747.jpg
DSC_0843.jpg
DSC_0844.jpg

ターボチャージャー本体をチェックしてみると本体自体の損傷がありタービンが回転しない状態になっていました。回転を上げていったときに出た異音はタービンが回転しない為、空気の流れをさえぎったしまい丁度、笛リードのような役目をして”ヒユー”という独特の音を発生させていたようです。
今回緊急入庫の問題点は解明されたのですが!!!!
エキゾ-ストマニーホルドを取り外したシリンダーヘッドを良く点検してみると、ヘッドガスケットからのオイル漏れを発見、よくよくチェックしてみれば見るほどこれは、ヘッドをオーバーホールする必要が出てきたのです。

DSC_0840.jpg
DSC_0742.jpg

こうして、ヘッドもエンジン本体から切り離し、降ろしてしまいました!!


DSC_0743.jpg
DSC_0841.jpg

ヘッドをエンジンから降ろして、燃焼室内部を見てしまったらピストンもオーバーホールしたくなります。
ここまできたら、この際だからエンジン本体、ミッションをボディーから降ろして、やはりフルオーバーホールの選択しかありません。中途半端なメンテナンスは良い結果は得られないからです。

DSC_0852.jpg
DSC_0854.jpg
DSC_0853.jpg
DSC_0863.jpg
パールKさま!!エンジンはついにこのよな状態になってしまいました、色々ご心配もあると思われますが!Quickにお任せ下さい、パワートレインは見違えるほど良くなって、新車以上の状態に戻ります。
先日、ご来社頂いて、工場の状況はお分かりと思われますが、エンジンO/HのDELTAが3台同時進行しております、その他リセット作業中の車輌や一般整備の車輌などで、てんやわんやの状況でございますが、頑張って素早い?作業を心がけますので!!
作業、状況は順次ご報告させて頂きます。
PS:パワーステアリングラックもOIL漏れしてきています、多分O/Hさせて頂きます。

Quick Trading サービス部
  1. 2010/11/20(土) 16:49:23|
  2. LANCIA




<<2010/11/30【LANCIA DELTA RESET】 | ホーム | 2010/11/12【ALFA ROMEO 166】>>