FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2010/02/16【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ】
東京都Yセ様 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ作業状況

ご入庫いただいておりますLANCIA DELTA EVO-Ⅱのメンテ状況をご報告させて頂きます。
“ワンオーナー”ディーラー車!走行距離はわずか30.000km、新車から大切に保管されてきた大事なDELTAです、外装は傷一つ無い素晴らしいコンディションであり内装も殆ど新車の状態を維持されている最良のDELTAでした!
ご用命のエアコンの不具合を含め15年目のリセット点検となりました。

DSC_1979-001.jpg

この作業はエンジンルーム内のエアコンユニットボックスを外すために室内のメーター、センター部分の機器、サイドコンソールなど殆どのメーター回りを分解しないとならないのです。

DSC_1982-002.jpg


エンジンルーム部分はエンジンとの遮熱している隔壁を取り外し各種センサー、リレー,配線,ワイパーモーター&リンクなど大変手間の掛かる作業となります。
更にエアコンの心臓部でありコンプレッサーを取り外しメ-カーに送り完全なリビルトを致します。

DSC_1983-003.jpg

画像でご覧いただけます様に、エアコンのユニットボックスをそっくり取り外して内部のヒーターユニット、エアコンエバポレーター(熱交換器)の性能チェックと品質状況を確認いたします。

DSC_1992-006.jpg

エアコンの第二の弱点はラジエターと同位置に設置されているコンデンサーの性能劣化です、このコンデンサーを取り外して専門メーカーに性能試験をお願いします。


DSC_1985-007.jpg

この時点で重大な問題を発見いたしました。ラジエターが寿命となっていました!!
いくら外装や内装がパーフェクトコンディションでもやはり15年の経年劣化は確実に起こっていました。この部分は簡単にはチェックできません、バンパーを取り外し、クーラーのコンデンサーを取り外してやっとラジエターの放熱面がチェックできるからです。

DSC_1993-008.jpg

ラジエターの放熱部分全体にクーラントが洩れた痕跡が見られます、更に下部は水が、どうしても溜まりやすい場所なので残念ながら腐ってきており、ダメになる時は一気にラジエター液が噴出す事になります。

DSC_1995-009.jpg

更に、エンジンブロック裏側に位置する3方ホースやヒーターホースなどもホースのゴムが自然劣化して硬化(カチカチになってしまう)して本来のゴムが持つ弾力が無くなってきて水漏れが起こっておりました、この辺のホース関連は全て交換となります。

以上のような状況となっておりますので、現在までの状況をご報告させて頂きました。
ご入庫時にお話させて頂きました事例ですが、市場でお求め頂いた中古車の例で販売業者の方の一言“パーフェクトコンディション“です、の一言で購入を決心したのですが実際は意味合いが違ったようです。誰でも目にし易い部分は確かにパーフェクトかどうか確認できますが、見えない部分の自然劣化は分解作業なしでは絶対にコンデションチェックなどできません、ましてエンジン内部の状態などとんでも無い話です。また、走行距離が少ない、多いも全く関係ありません、要するに個々の部品がそれぞれ持っている耐用年数が必ずあるのです、それさえしっかりメンテをしてあげれば逆に基本的な金属部分などそう簡単に壊れたりしないので、結果、何年でも、お好きなだけ乗り続けられるのです。
今回のメンテナンスでおおよそ、水回りは又10年以上問題が無くなります、安心してお乗り頂けると確信しております。

Quick Trading サービス部
  1. 2010/02/16(火) 19:04:37|
  2. LANCIA




<<2010/03/03【ALFA ROMEO 2000GTV】 | ホーム | 2010/02/06【LANCIA Stratos】>>