FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2018-12-28 ご挨拶
本年も有難う御座いました!

2018年も残り僅かとなりましたが、弊社の年末年始休業は勝手ながら12月29日より1月5日までとなっております。
2019年は6日よりスタートしますが高島平工場は都営三田線の耐震補強工事に伴う工場移転の引越しの為、本格的始動は恐らく16日(水)辺りからと予想されます。
お客さんには大変ご迷惑お掛けしますが、ご理解の程お願い申し上げます。

また2019年度も変わらぬご愛嬌の程宜しくお願い申し上げます!

クイックトレーディング サービス部
  1. 2018/12/28(金) 16:40:07|
  2. その他お知らせ

2018-12-18 LANCIA DELTA EVO-Ⅰ
埼玉県 U様 LANCIA DELTA EVO-Ⅰ

車検にて御入庫頂きましたEVO-Ⅰですが今回は通常の車検整備に加え漏れの酷いエンジンオイル漏れを中心に作業させて頂きました。

PC050079.jpg

PC050081.jpg

まずはカムカバー廻りとディスビ廻りのオイル漏れが大きい為、各ガスケットを交換させて頂きました。

PC060083.jpg

PC060088.jpg

そして特に漏れが一番酷かった部分がオイルクーラーホースになり、以前より漏れ自体は確認出来ていてU様にも案内済みでしたが、今回は以前よりもさらに酷くなってきた為、オイルクーラーホースを交換させて頂きました。
各パーツを交換後、綺麗に洗浄し漏れも解消出来ました。
車検継続検査も無事合格し先日ご出庫させて致しました。

今後共宜しくお願い致します。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2018/12/18(火) 19:01:19|
  2. LANCIA

2018-12-18 MASERATI QUATTROPORTE
東京都 Y様 MASERATI QUATTROPORTE V8 evoluzione

LLC漏れにてご入庫頂きました。

IMG_1131.jpg

早速加圧テストにて確認した所、ラジエターより漏れが確認出来ました。

DSC_8528.jpg

部品の在庫を確認した所、予想通り生産終了との返答の為、現品修理かワンオフのにて製作するかとも考えましたが、海外で探した所ドイツにオリジナルの新品が有った為、今回はそちらの方で対応させて頂きました。

PB300073.jpg

約2週間ほどで弊社に到着し無事に交換完了しました。

PB300074.jpg

あわせて以前より作動が不安定だったヒーターバルブを動かすモーターですが、完全にモーターが駄目になり動かなくなっていた為モーターを交換しヒーターバルブも新品に交換致しました。
最後にロードテストにて問題無い事を確認し出庫させて頂きます。

今後共宜しくお願い致します。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2018/12/18(火) 18:45:47|
  2. MASERATI

2018-12-16 本日の高島平Factory
本日の高島平Factory

本日はLANCIA DELTA EVO-ⅡがLLC漏れで、レッカーにて緊急入庫いたしました!

P1010359.jpg

事前に頂いていた連絡ではLLC漏れと伺っていましたが、早速下回りを確認したところLLCでは無くトランスファーのプロペラシャフト側からミッションオイル漏れをしておりました。
色々と手を掛けて大切にお乗りいただいているお車なので今後も安心してお乗りいただく為に入念に修理作業を進めさせて頂きます。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2018/12/16(日) 18:00:00|
  2. その他お知らせ

2018-12-12 本日の高島平Factory
本日の高島平Factory

本日は現在入庫中のPORSCHE 911の車検整備を行っています。

P1010333.jpg

PORSCHE最後の空冷である993のエアロバージョンと非常に珍しいお車です。今後も大切にお乗りいただく為に入念に整備させていただいております。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2018/12/12(水) 18:00:00|
  2. その他お知らせ

2018-12-06 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ
神奈川県 F様 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ

車検にて御入庫頂きました。
特に大きな不具合は有りませんでしたが、通常整備に加え2点程F様よりご指摘事項が御座いましたので併せて点検させて頂きました。

PB270056.jpg

PB270055.jpg

1点目は比較的最近弊社に入庫するデルタに多く見られる症状の、ポジションライト位置での点灯不良ですがF様の車両もポジションが点灯しない状態でした。
ライトスイッチを分解した所、他車と同様ポジション位置の接点のプレートのカシメが弱くなってしまいズレているのが確認出来ました。

PB270057.jpg

このままプレートを戻しただけではまたズレてしまう可能性が有る為、カシメ部分も再度修正し各接点部分も念の為修正させて頂き作動確認出来ました。
その他、以前より温感ロック気味だったスターターも今回交換させて頂きました。

PB280058.jpg

PB280062.jpg

車検継続検査も無事終了し、今週末お引き取りとの事ですのでスタッフ一同ご来店お待ちしております。

クイックトレーディング サービス部



  1. 2018/12/06(木) 20:30:36|
  2. LANCIA

2018-12-06 本日の高島平Factory
本日の高島平Factory

本日はリセット作業をさせて頂いているLANCIA DELTA ブルーラゴスの外装ストライプが仕上がってまいりました。

P1010322.jpg

外装が仕上がった事により、新車当時の輝きが再び甦ったように思います。
引き続き細かな箇所をチェックし納車できるよう勤めてまいりますので今しばらくお待ちください。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2018/12/05(水) 19:36:37|
  2. その他お知らせ

アウトビアンキA112 ABARTH 
アウトビアンキA112 ABARTH 
M様が前回ご入庫時に判明した問題点を今回は修復させて頂きました。

DSC_8555.jpg

一番の問題点は製造から40年近く経った車両なので、、輸入した総代理店
は当然ながら、販売したディーラーもとっくに無くなっていて、部品供給が全く
無いという状況をどうするか?でした。
DSC_8547.jpg
DSC_8548.jpg
DSC_8549.jpg

今回の一番問題点はステアリングのガタとヒーターケースが経年劣化で破損
し正常機能してない事でした。今までは他の(Quick以外)のメンテナンス工場で
メンテをして頂いていらしたそうですが、部品などが破損して作動できない事
はオーナーには知らされていなかったのです。
勿論メンテナンス工場は作動しない事は当然掌握していたはずですが、直せ
ないは、言いたくなかったのではと推測しました。
DSC_8552.jpg
DSC_8553.jpg
DSC_8554.jpg
機能部品や金属製部品などは、何とか切った貼ったで修復可能な場合が
あり、どうしてもダメな場合には一点作りで製作したりして、何とかフォロー
する事ができます。
問題は、プラスティックなどの樹脂製品は溶接や切った貼ったができない
分どうにも修復が困ります。
最良の修理方法はやはり新品の部品に交換する事です、純正部品があれ
ば、信頼性/コスト/見栄えもオリジナルでありこれ以上は望めません!
古い車の場合この無い部品が入手する事ができるか?出来ないか?で、
きちんとメンテが出来るかが決まってしまいます。。。
今回はネットワークを駆使してイタリアから何と40年前のヒーターケースの
新品部品を取り寄せ致しました。
これで、今回のメンテナンスは90%大成功間違いないです!。

DSC_8561.jpg
DSC_8560.jpg
DSC_8558.jpg
DSC_8557.jpg



ブレーキなど他の作業もございます、完成まで今しばらくお時間を頂戴いたしまので宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部



  1. 2018/12/04(火) 20:09:34|
  2. AUTOBIANCHI

2018-12-01 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ
東京都 Y様 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ

現在ご入庫いただいているLANCIA DELTA EVO-Ⅱを、車検関連の整備が終了致しましたので、引続きタイミングベルト周りのメンテナンスを施工させて頂いております。

P1010297.jpg

Quickでは長期的なメンテナンス計画をお客様1台づつ個別に管理させて頂いております。このことにより計画的なメンテナンスが施工でき、突然の大きなアクシデントを防止する事ができます。
今回のY様も長年に渡りメンテナンスをお任せ頂いておりますので、前回迄のの作業履歴と現在のまでの走行距離、現車の現況を踏まえて最適なメンテナンスをご提案させて頂いております。
今回はエンジンの大切なタイミングベルトが前回のタイミングベルト交換から既に5年以上経過しており、自然経年劣化と実際の稼働による消耗劣化を考慮し、実車の現状を確認した結果、次回2年後の車検ま(7年間)は、無交換ではベルトが持たないと判断させて頂き、今回の車検で交換をご提案させていただきました。

P1010290.jpg

早速作業を開始しベルトカバーを開けたところ、タイミングベルトが全体的に弛んでカムシャフトのプーリー間で浮き上がった状態でした。

P1010291.jpg
工具でベルトを軽く押してみても経年劣化によりベルトが伸びきった状態になってしまっているのがわかります。
この状態のまま走り続けるとカムシャフトプーリーのコマが跳んでエンジンに重大な障害が及ぶ可能性さえありえました。今回の整備にて発見できたことは幸運だったと言えると思われます。

タイミングベルト等は走行距離の少ないお車でも経年劣化により交換が必要となってきますので、ご不安な方は今後も安心してお乗りいただく為に是非一度、Quick factoryへお気軽にご相談ください。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2018/12/01(土) 19:22:02|
  2. LANCIA




| ホーム |