QUICK TRADING/Factory News

2014/04/13 LANCIA DELTA EVOⅡ
山形県米沢市 S木様 LANCIA DELTA EVOⅡ

フルリセットにてご入庫頂いております。
作業の進捗状況報告になります。

DSCN2027.jpg

ヒーター&エアコンユニットのリセットになります。
まずは、分解しケース内部に堆積したゴミを取除きます。

DSCN2028.jpg
DSCN2031.jpg
DSCN2033.jpg

ヒーターコアからの冷却水漏れが確認出来ました。 ケース内にも冷却水が付着しております。

DSCN2043.jpg

こちらは真鍮製のヒーターコアと交換しましたので耐久性も向上し安心出来ると思います。

DSCN2040.jpg

エアコンもリセットオプションのR134aの新基準システム交換を承りましたので、一部既存部品を使用するエバポレーターは特殊な洗浄液を用い内部を徹底的に洗浄します。
最初は不純物や古いオイル等で洗浄液はすぐに茶色に変色します。 何度も洗浄液を交換し透明になるまで行います。

DSCN2045.jpg

こうして分解洗浄、交換を終えたユニットをエンジンルームに搭載します。

オルタネーターは通常マレリー製の純正品を使用しますが、ユーザーのご希望で容量アップをして欲しいとの事で、
弊社としても初となりますが、今回高出力100Aのオルタネーターをご用意致しました。
純正は65Aしかなく正直最近の軽自動車なみの出力しかありません。
この高出力100Aオルタネーターは完全ボルトオンの為、加工も必要なくベルトも純正サイズを使用します。
どちらかと云うと、バッテリーが上がりやすいDELTAですが、この高出力100Aオルタネーターに交換することで十分過ぎる発電量がある為に、真夏のエアコン使用時渋滞に嵌ってもバッテリー上がりの心配がなくなります。

DSCN2065.jpg
DSCN2067.jpg
DSCN2071.jpg

この高出力100Aオルタネーターは今後のDELTAを大きく変えるかもしれません!

クイックトレーディング サービス部

  1. 2014/04/13(日) 20:01:25|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2014/04/09 LANCIA DELTA EVOⅡ
山形県米沢市 S木様 LANCIA DELTA EVOⅡ

フルリセットにてご入庫頂いております。
作業の進捗状況報告になります。

DSCN1980.jpg

いよいよエンジンの搭載準備になります。 サンドブラスト加工にて綺麗になったフライホイールに新品のクラッチを組付けます。

DSCN1981.jpg

エンジン&ミッション&トランスファーをアッセンブリー化し搭載準備完了となります。

画像

DSCN1983.jpg

今回はオーナー様と打ち合わせをし、エンジンマウントは強化タイプとなりました。
外したマウントと比較するといくら荷重がかかっていないとはいえ、その差は歴然です。

DSCN1987.jpg

アッセンブリー状態にしたエンジンをクレーンを用い下から慎重に搭載していきます。

DSCN1992.jpg

DSCN1996.jpg

こうして車両にフルオーバーホールされた新しいDELTAの心臓が搭載されました。
補機類の付いていないエンジンはとてもスッキリしています。
再メッキされたパイプ類も新品と見分けがつきません。

DSCN2047.jpg
DSCN2055.jpg
DSCN2053.jpg
DSCN2052.jpg

リヤブレーキキャリパーと同様にフロントブレーキキャリパーも赤く塗装をします。
やはり・・・ブレンボのキャリパーは赤がとってもお似合いです!

リセット作業も終盤に差し掛かりました。 エンジンルーム内は部品点数も多いので慎重に組上げていきます。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2014/04/09(水) 19:48:02|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2014/04/06 LANCIA DELTA EVOⅡ
山形県米沢市 S木様 LANCIA DELTA EVOⅡ

フルリセット作業にてご入庫頂いております。
作業の進捗状況報告です。

DSCN1951.jpg

ブレーキフルードによる侵食部分は下処理を施したのち、パネル接合部にはシーリング剤を塗布します。

DSCN1967.jpg

シーリング剤が硬化したら本来の色に塗装します。 塗装したばかりで周りと若干違って見えますが塗装が乾いたら周辺部分と一緒に磨きを掛けるとほとんど区別はつきません。

DSCN1971.jpg

DSCN1976.jpg

エンジンルームの塗装が終わり、いよいよ各パーツを組付けていきます。
ブレーキのマスターシリンダーは純正新品と交換しています。

DSCN1902.jpg

オーバーホールしていたステアリングラックも戻って来ましたので車両に再メッキされたブラケットと一緒に組付けます。
エンジンが搭載されていないとステアリングラックの脱着は容易ですが、通常はミッションを脱着しないと外す事が出来ず膨大な工賃が掛かります。
エンジン搭載前に補機類の組付けをしていきます。

DSCN1954.jpg

今回、リセットOPとしてブレーキキャリパーを赤く塗装して欲しいとご用命がありましたので、
まず、キャリパー&サポートの汚れを完全に取り除いたら、塗装の剥がれや熱による変色が起りにくくする為に耐熱のサフェーサーを塗ります。 何事も下処理をキッチリ行なうか否かで最終的に出来栄えに大きく差が出ます。

DSCN1941.jpg

DSCN1940.jpg

DSCN1962.jpg

DSCN1949.jpg

赤く塗られたキャリパーはとても目立ち如何にも戦闘的なDELTAとして注目を浴びそうです!

エンジンルーム内の細かい作業がおわればようやくエンジンの搭載となります。

クイックトレーディング サービス部


  1. 2014/04/06(日) 19:43:04|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2014/04/03 LANCIA DELTA EVOⅡ
山形県米沢市 S木様 LANCIA DELTA EVOⅡ

フルリセットにてご入庫頂いております。
作業の進捗状況の報告になります。

DSCN1783.jpg

フロントサスペンション関係のリセット作業を行なっております。
錆びてしまったナックルはサンドブラスト加工にて古い塗装や錆を徹底的に除去します。

DSCN1869.jpg

再塗装されたナックルに新品のベアリングを組込みます。

DSCN1788.jpg

フロントのロアアームも錆びによる侵食がかなり進んでおりました。
こちらもサンドブラスト加工を施し、一度下処理としてサフェーサーを塗りました。

DSCN1799.jpg


一度分解され、リセットしたパーツを組付けて元の状態に戻します。

DSCN1865.jpg

DELTAではよくありがちな、ブレーキのリザーブタンク下部のボディーがこぼれたブレーキフルードにより塗装が傷みそこから錆が進行しております。
錆を取り除き塗装前の下処理を行ないます。

DSCN1885.jpg

DSCN1889.jpg

まだまだ、細かい作業が続きますがあと一息でいよいよエンジンの積込み作業になります。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2014/04/03(木) 19:56:28|
  2. LANCIA DELTAリセットカー




| ホーム |