QUICK TRADING/Factory News

2013/8/25 LANCIA DELT EVO-II
福島県いわき市O田さま LANCIA DELTA EVO-II

ボディオールペイントでご入庫いただきました。
今回のご用命はオリジナルのレッドからホワイトへのオールペイントで、どうしてもレッドは色焼けをしてしまうため、「気分を変えて」とのご用命でした。

色変えのオールペイントは極力、もともとの色が見えないように工夫をすることになります。
まずは、外装パーツ類を全て取り外します。またドアの内側も塗装するために、内張りも全て取り外します。

DSC04280.jpg

DSC04281.jpg

ガラス類も外した後に、ペイントを剥離し、ホワイトで塗装します。剥離すると錆びが発生している箇所が良く分かるようになりますので、それらも補修をしながら下地を作っていきます。

DSC04417.jpg

DSC04418.jpg

DSC04419.jpg

ボディ研磨の前に外装パーツの内、個別にホワイトで塗装したものを取り付けます。

今回はルーフにLANCIAのロゴデカールを貼ることになりました。これは限定車MARTINI5用のデカールで貴重品です。

DSC04699.jpg

慎重に貼る位置を決めて貼っていきます。

DSC04700.jpg

オールペイントを機にホイールとタイヤも新調することになりました。ホイールは純正リプロダクトホイールの中でもボディと同色のホワイトに変更です。

DSC04705.jpg

DSC04704.jpg

ボディとホイールの色が同じになると随分と印象が変わりました。

DSC04703.jpg

DSC04706.jpg

最後にコーティングを行った後に納めさせていただきます。

クイックトレーディングサービス部
  1. 2013/08/25(日) 16:37:05|
  2. LANCIA

2013/8/18 LANCIA Delta Evo-II (リセット)
宮城県仙台市T山さま LANCIA DELTA EVO-Ⅱ

DSC04645.jpg

ようやくリセット作業が終了し、ご納車することとなりました。
今回も基本リセットに加えて様々なオプションのご用命をいただき、ありがとうございました。

DSC04644.jpg

ボディカラーが赤の場合は、どうしても陽焼けが目立ってしまいますので、オールペイントのご用命をいただきました。

DSC04640.jpg

最後の仕上げにガラスコーティングを行いましたので、ボディ表面は素晴らしいコンディションとなりました。
また痛んでいたエンブレム類はご用命のとおり新品もしくはリプロダクト品に交換させていただきました。

DSC04642.jpg

基本リセットとしてエンジンを始めとするメカニカルリセットを行っております。

DSC04646.jpg

DSC04625.jpg

また、足回りはドライブシャフトのオーバーホール、各アーム類のリフレッシュ、ブッシュ類の交換といった基本リセットに加えて、純正リプロダクトのショックアブソーバーに交換させていただきました。

DSC04624.jpg

DSC04623.jpg

DSC04626.jpg

また、ホイールは純正リプロダクトのホワイト16inchホイールに、タイヤはミシュランパイロットスポーツ3へ交換させていただきました。

DSC04656.jpg

リアウイングは45度延長ステーを新たに追加させていただきました。

DSC04657.jpg

内装はオーナー様が拘られた部分です。

DSC04650.jpg

フロントシートはアルカンターラとレザーのコンビネーションで総張替えを行いました。

DSC04649.jpg

ステアリングは以前に乗られていたデルタのものに交換いたしました。記念にと取っておかれていたそうですが、こうしてまたお使いいただけることとなりました。

DSC04652.jpg

センターコンソールの物入れにはジャストサイズのレーダー探知機を取り付けました。

DSC04651.jpg

ノーマルのシフトもクイックシフトに交換いたしました。またベースパネルのネジもオーナー様の拘りにお応えして通常のタッピングネジではなく、飾りネジを使用いたしました。

インパネはLEDを組み込みオリジナルの暗さを解消いたしました。

DSC04660.jpg

DSC04661.jpg

さらに室内灯もLED化することにより、ドアを開けたときに室内は格段に明るくなりました。

DSC04662.jpg

オーナー様は煙草を吸われないとのことでしたので、灰皿は使用歴のないものに交換させていただきました。

DSC04663.jpg

これから仙台へ向けて陸送し、登録の後ご納車させていただきます。
長い間お待たせいたしましたが、きっと気に入っていただけるであろうと確信しております。
どうぞ楽しみにお待ちください。

クイックトレーディングサービス部
  1. 2013/08/18(日) 17:31:35|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2013/8/11 LANCIA Delta Evo-II (リセット)
宮城県仙台市T山さま LANCIA DELTA EVO-Ⅱ

最終仕上げの一つが室内カーペットやドア内張りのクリーニングです。
クイックトレーディングでは通常のクルマの内装クリーニングで行われる技法ではなく、特殊クリーニングと呼ばれる衣服や絨毯、ソファーなどのクリーニング専門の外部スタッフにこの作業をお願いしています。
それは従来のクルマの内装クリーニングではどうしてもすっきりと汚れが落ちなかったからで、特殊クリーニングに用いられる薬剤や技法をベースに自動車特有の汚れに対する工夫を加えて開発したクイックトレーディング独自のクリーニング法と言えます。

DSC04525.jpg

クリーニング前のドア内張りです。デルタの場合はシートと同じアルカンターラが張り込まれた贅沢な仕立てとなっているのですが、やはり手で触れる部分は汚れています。

DSC04526.jpg

特にドアの開閉の際に触れる部分は永年の使用で汚れが染み込んでしまっています。
こうした汚れは単に生地の表面に付着しているのではなく、繊維の奥深くまで染み込んでいますので、通常の洗剤で表面のみを綺麗にしても薄汚れた状態になるだけで、すっきりと汚れを落とすことはできないのです。

DSC04528.jpg

助手席のドアも一見すると汚れてはいないように見えますが、

DSC04529.jpg

やはり手が触れる部分は汚れています。

DSC04531.jpg

フロアカーペットはどんなにマットを敷いていても汚れてしまいます。特にペダル周りは直接靴で触れる部分でもあり、またデルタの場合はベージュのカーペットであるために汚れが目立つ部分です。

DSC04530.jpg

助手席のカーペットは一見すると汚れてはいないように見えますが、それでもサイドシル(乗降するドア側)は泥や油染みが見受けられます。

DSC04532.jpg

後席は殆ど使用した形跡がないのですが、

DSC04533.jpg

荷物を置いたりしたために、細かなシミ汚れが見受けられました。

これらの汚れを特殊クリーニングで綺麗にします。

DSC04539.jpg

クリーニング後の運転席ドアです。永年の手垢の汚れがすっきりと落ちました。

DSC04534.jpg

助手席も同様です。写真では分かりにくいのですが、アルカンターラの色味も復活したように思います。

DSC04537.jpg

フロアカーペットも綺麗になりました。

DSC04535.jpg

こちらは助手席です。サイドシルの立ち上がり部分の汚れは完全に落ちています。

DSC04538.jpg

後席も全体的に綺麗になっただけでなく、

DSC04536.jpg

シミ汚れも完全に落ちました。

ご用命のガラスコーティングを施し、エンブレム類をリフレッシュすればいよいよ完成です。

クイックトレーディングサービス部



  1. 2013/08/11(日) 19:00:35|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2013/8/10 LANCIA Delta Evo-II (リセット)
宮城県仙台市T山さま LANCIA DELTA EVO-Ⅱ

最後の仕上げを行っております。
まずはオーディオやレーダー探知機などの取り付け模様をご紹介します。

T山 様のご希望で、センターコンソール上部のボックスにレーダー探知機のディスプレイを仕込むこととなりました。レーダー探知機はオーナー様からの支給だったのですが、コンソールにピッタリのサイズのディスプレイを見つけるのは大変だったと思います。
その熱意にお応えするために、取り付け用のブラケットを製作しました。

DSC04508.jpg

コンソールBOXは奥に行くほど幅が狭くなっています。しかもディスプレイを完全に嵌め込んでしまうとサイドにあるSDカードスロットが使えなくなってしまいますので、取り外しができるようにするためには、こうしたブラケットを製作しBOXの奥にディスプレイが落ち込まないようにしなければなりませんでした。

DSC04509.jpg

ディスプレイのケーブルをブラケットを通してコンソールBOXの奥からダッシュボード内部を通して取り付けることにしました。ダッシュボードを分解していますので、こうした作業も可能となります。

DSC04510.jpg

続いてオーディオの配線です。今回装着するオーディオはアンプが別体で、さらにサブウーファーを取り付けるというオーダーです。配線はカーペットの下に通し、目立たないようにします。

DSC04511.jpg

さらにインパネをLED照明に改造します。

DSC04512.jpg

この改造により、メインパネルだけでなく、センターコンソールのスイッチもLEDの透過照明により夜間の視認性が良くなります。

内装は垂れている天井を張替えます。
デルタの天井にはアルカンターラが張られているのですが、この生地が経年劣化で天井から剥がれてしまい、写真のように垂れてしまうのです。

RIMG0870.jpg

まずはライニングごと車内から取り出し、アルカンターラ部と分解します。アルカンターラ生地は間に薄いウレタンが挟まれて天井板に接着されているのですが、このウレタンが経年劣化でボロボロになり、天井板から生地が剥がれてしまうのです。

全て生地を取り外し、劣化したウレタンを取り除いたら再度、慎重に天井板に貼り付け直します。

DSC04506.jpg

皺のない天井は気持ちの良いものです。

今回はシートの張替えもオーダーいただきました。しかも、T山 様の拘りに溢れた仕様です。

RIMG0877.jpg

張り替える前のシートはこのような状態でした。運転席の一部には張り替えられた形跡があるものの、全体的に汚れと痛みが目立つシートです。

RIMG0873.jpg

座面のウレタンも劣化して薄くなっています。

RIMG0875.jpg

乗降を繰り返すことによってアルカンターラは表面が傷んでしまっています。このまま使用し続けると最後には生地が破れてしまいます。

折角リセットしたデルタにこのシートをこのまま取り付ける気持ちにはなれないでしょう。

今回頂いたオーダーはシート全体の生地を張り替えるものでしたが、これからの劣化のことも考慮し、座面センター部はオリジナルと同様にアルカンターラにパンチング(穴開け)を行い、斜めにステッチを入れて張り替えました。

DSC04550.jpg

その際に劣化したウレタンも補修し、座り心地も改善いたしました。

一方で乗降の際に擦り切れて痛んでしまう両サイドは本革で張り替えることになりました。

DSC04549.jpg

さらにアクセントとしてステッチを赤とすることになりました。T山 様のちょっとした遊び心が光っています。

DSC04551.jpg

背面はオリジナルと同様にアルカンターラで張替えました。

DSC04548.jpg

出来上がりの全体です。アルカンターラと本革のコンビネーションシートです。ぐっと高級感が増すと同時に耐久性も向上するチョイスです。

いよいよコーティングや室内クリーニングを施し、納車前の準備に入ります。

クイックトレーディングサービス部
  1. 2013/08/10(土) 19:00:01|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2013/8/4 LANCIA THEMA Turbo16V
神奈川県横浜市H松さま LANCIA THEMA Turbo16V

DSC04522.jpg

突然、エンジンスタートが出来なくなり緊急のご入庫となりました。
積載車によるバックアップで無事にご入庫いただき、早速原因調査を実施した結果、イグニッションスイッチのトラブルと判断となり、早速ステアリング関連を分解してイグニッションスイットをアッセンブリーで取り外して詳しく原因を調べました、作動状態は確かに、キーシリンダーの中でキーそのものは動くのですが、ただ動くだけで、イグニションのスイッチは入りません。

DSC04517.jpg

イクニッションスイッチを分解して、スイッチ部分の作動/キーシリンダーの作動確認を行った結果、キーシリンダーの作動に問題がある事がわかり分解して更に原因を調査致しました。

DSC04518.jpg

DSC04519.jpg

キーシリンダーをイギニンションスイッチ本体から分解して取り出し、作動チェックしてみると、中で部品が破損している事が判明致しました。

DSC04524_20130804154319326.jpg

通常部品はイグニッションスイッチASSYでメーカー供給なので、部品があれば交換して一件落着なのですが、、、残念ながら、テーマ用のイグニッションキーシリンダーは製造中止で欠品です。もし部品が入手できなければ、これだけでも存続の危機となってしまいます。

部品が無ければ、修理不能です!そのような事はQuickでは絶対に申しません!無ければ何とかしなくては。。。
今回は同じLANCIA系のDELTA用のイグニッションスイッチを使用して修理する事が可能と判断致し、早速部品を入手、作業を開始致しました。
ただ同系統の車種であっても全く同じに使用は出来ません、テーマ用に使用できるようキーシリンダーを改造して、装着することにより元通りの作動が出来るようになり、見事復活いたしました。

DSC04520.jpg

また、前回からご指摘させて頂いていた問題箇所であるヒューズボックスも、今回入手できた補修用部品に交換させていただきました。

DSC04523.jpg

また、エンジン関係のなかで、不安材料があったエアフロメーターも今回入手できたエアフローメーターに交換させて頂きました。

エアフローメーターの不具合は制御メカというよりも丸印のフラップの不具合が圧倒的に多いです。このフラップのバネが緩んでしまい、開閉がスムーズに行われなくなったことによるトラブルなのですが、残念ながら新品の入手は困難なため、程度の良い中古品に交換となりました。

引き続き、ご用命のタイヤ交換を実施させていただきますので、今しばらくお待ちください。

クイックトレーディングサービス部



  1. 2013/08/04(日) 19:00:58|
  2. LANCIA

2013/8/2 LANCIA DELTA EVO-II (リセット)
東京都杉並区S田さま LANCIA DELTA EVO-Ⅱ リセット

大変永らくお待たせしました,発注頂いてから6ケ月を費やして、ようやくリセット作業が完了しました。

RIMG0886.jpg

RIMG0888.jpg

今回は基本リセットに加えて様々な追加オプションのオーダーをいただきました。
基本リセットはエンジンルームのフルリセットで、エンジンブロックのオーバーホールに加えて冷却系、電装系、ターボチャージャー、エアコンとおおよそエンジンルーム内の全ての部品をオーバーホールまたは交換しております。

RIMG0892.jpg

RIMG0907.jpg

基本的には新品のエンジンと同じですので、新車と同様にこれから慣らし運転をお願いします。

RIMG0903.jpg

RIMG0900.jpg

足回りも基本リセットとしてステアリングギアボックス、ドライブシャフト、アームブッシュ類を交換しております。

RIMG0898.jpg

加えて、追加オプションでご用命いただきました生産中止で入手が困難な新品の純正ショックに交換しております。

RIMG0899.jpg

マフラーのリアエンドはご希望のステンレス製に交換させていただきました。

RIMG0885.jpg

RIMG0889.jpg

ホイールは追加オプションとしてガンメタリックのリプロダクトホイールに交換し、タイヤはミシュランのパイロットスポーツ3を装着いたしました。

RIMG0895.jpg

RIMG0894.jpg

室内は同じく追加オプションとして、前席のシート張替えを行っております。オリジナルと同じアルカンターラで張替え、中央のパンチングやステッチもオリジナルに忠実に仕上げさせていただきました。
ステアリングはお持込のMoMoの変形ステアリングに交換し、またご希望のとおりクイックシフトを装着させていただいております。

RIMG0908.jpg

こちらも追加オプションですが、天井を既存生地で張替えを行い、垂れた天井の補修を行っております。

RIMG0881.jpg

RIMG0883.jpg

メーターパネルは同じく追加オプションでLED照明を組み込みました。
オーディオはご希望のバックモニターと連動する1DINのユニットに交換しております。

DSC04299.jpg

ライトはご用命のH.I.D.ユニットを組み込んでおります。写真の向かって右はH.I.D.装着で左はノーマル状態です。

RIMG0887.jpg

RIMG0890.jpg

外装はご希望のとおり、オレンジのレーシングストライプに加えて、希少品の限定車MARTINI 5用の"MARTINI RACING"デカールをリアスポイラーに貼り込みました。

RIMG0897.jpg

RIMG0896.jpg

最後にオプションとして、フロントとリアのエンブレムを新品に交換させていただきました。このエンブレムも大変入手が困難な部品の一つです。

オーナー様の拘りにお応えすべく、スタッフ一同入念に仕上げさせていただき、ご納車させていただきます。

クイックトレーディングサービス部
  1. 2013/08/02(金) 18:36:05|
  2. LANCIA DELTAリセットカー




| ホーム |