QUICK TRADING/Factory News

2013/2/27 LANCIA Delta Evo-II
岩手県花巻市S藤さま LANCIA Delta Evo-II

ようやく出庫準備が整いました。積載車両にて明日積み込み、陸送にてお届けさせていただきます。

出庫にあたり最終確認と共に洗車を行い、バリアスコートでコーティングを施工させて頂きました。

RIMG0604.jpg

RIMG0605.jpg

ありがとうございました。

Quick Trading サービス部スタッフ


  1. 2013/02/27(水) 19:00:15|
  2. LANCIA

2013/2/23 ALFAROMEO Alfa155 2.0TS
長野県北佐久郡Fさま ALFAROMEO Alfa155 2.0 TS

板金修理でご入庫いただきました。

CIMG0297.jpg

今回の修復では、バンパー、右フェンダーを交換させていただき、ボンネットの傷は現状を板金修理を行わせていただきました。

CIMG0299.jpg

CIMG0303.jpg

フェンダーは同型車のパーツを移植すると言ってもチリ合わせは必要です。

RIMG0580.jpg

塗装が完了した状態です。

RIMG0581.jpg

同時にご用命いただいた警告灯類のチェックを行い、ようやくお戻しすることができるようになりました。

クイックトレーディングガレージスタッフ
  1. 2013/02/23(土) 19:00:24|
  2. ALFA ROMEO

2013/2/21 LANCIA Delta Evo-II (Transmission Reset他)
新潟県燕市H池さま LANCIA Delta Evo-II Full Reset

リセット作業は着実に進行しております。

各ブラケット類はサンドブラスト処理されクロメートメッキ加工いたします。

DSC03192.jpg

DSC03191.jpg

クロメート処理(保護メッキ)は防錆のために行うのですが、黄味がかったメタリックシルバーに仕上がります。

RIMG0550.jpg

RIMG0549.jpg

トランスミッションも完全に分解し、各ギアやシンクロの状態をチェックし、洗浄した後に再度組み立てます。

DSC03205.jpg

DSC03207.jpg

DSC03208.jpg

DSC03209.jpg

RIMG0555.jpg

ステアリングラックもオーバーホールを行いました。

RIMG0552.jpg

これからは組み立て作業がメインとなります。最終プロセスまであと一息ですので、今しばらくお待ちください。

クイックトレーディングガレージスタッフ 

  1. 2013/02/21(木) 19:00:13|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2013/2/20 LANCIA Thema Turbo 16V
神奈川県横浜市H松さま LANCIA Thema Turbo 16V

オーバーヒートでご入庫いただきました。

直接的な原因はラジエーターファンが回っていなかったことによるのですが、なぜ、ファンが回らなくなったのかと言うと、製造から年月が経ったクルマに共通する電気配線の劣化が露呈しておりました。

各配線をチェックした後に何が起こったのか想像することができました。

DSC03221.jpg

直接的な原因はアース不良でした。電流がアースに落ちたり落ちなかったりしたことにより通電不良を起し、
それが結果として発熱に結びつき、

DSC03219.jpg

ヒューズBoxの基板を焦がし、

DSC03220.jpg

ヒューズをも焦がしてしまい最後には通電しなくなってしまったようです。実際にヒューズは切れておらず、熱により通電不良が起こっていました。

当然、リレーの状態も悪く、ターミナルが腐食していました。

DSC03226.jpg

リレーそのものは作動していましたが、念のために交換することとなりました。

配線に関しては端子の腐食があり、これでは通電不良を起してしまいます。

DSC03222.jpg

再配線に際してはこれらの端子も交換させていただきました。

DSC03224.jpg

また、点かなくなってしまったというハザードランプもコネクターが焦げていました。

アース不良は、ターミナルの腐食や緩みなどで起こります。原因は単純でも出先で不動になったり、今回のようにファンが回らなくなってしまったら最悪エンジンにダメージを与えてしまいますので、心配な方はご用命いただければチェックさせていただきます。

クイックトレーディングガレージスタッフ
  1. 2013/02/20(水) 19:00:01|
  2. LANCIA

2013/2/16 LANCIA Thema Turbo 16V
神奈川県横浜市H松さま LANCIA Thema Turbo 16V

旅行先でオーバーヒートしたとのことでローダーでご入庫されました。

RIMG0530.jpg

高速道路で渋滞中、水温計がどんどん上がったので路肩に緊急停車されたとのことですが、大事に至らずエンジンへのダメージはない模様です。

原因を究明し、修理させていただきます。

クイックトレーディングガレージスタッフ
  1. 2013/02/16(土) 19:00:33|
  2. LANCIA

2013/2/14 LANCIA Delta 16V
埼玉県入間市H田さま LANCIA Delta 16V

車検でご入庫いただきました。

RIMG0528.jpg

ガンメタリックの精悍な16Vです。

RIMG0527.jpg

永年弊社で丁寧にメンテナンスいただいているお車ですので、今回もしっかりと点検させていただきます。

RIMG0526.jpg

クイックトレーディングガレージスタッフ


  1. 2013/02/14(木) 19:00:57|
  2. LANCIA

2013/2/13 工場前の道路工事が終わりました
お越しいただくお客様にご不便をおかけしておりました、高島平ガレージ前の舗装工事が終了しました。

RIMG0520.jpg

工場前の道路は大型トラックが通行するために路面が荒れていたのですが、ようやくフラットな舗装となりました。

これで安心してお迎えすることができますので、皆様のお越しをお待ちしております。

クイックトレーディングガレージスタッフ
  1. 2013/02/13(水) 19:00:27|
  2. その他お知らせ

2013/2/10 FIAT Panda Young
埼玉県川口市N井さま FIAT Panda Young

RIMG0512.jpg

弊社より中古車をご購入いただきました。
新しく免許を取得されたご子息のお車とのことですが、免許を取って最初に運転する車がPANDAですと、その後の自動車観に大きく影響するであろうと思われます。将来は立派な?イタ車乗りになられるようお祈りしております。

ありがとうございました。

クイックトレーディングガレージスタッフ
  1. 2013/02/10(日) 19:00:20|
  2. FIAT

2013/2/9 LANCIA Beta Montecarlo
茨城県常総市I藤さま LANCIA Beta Montecarlo

レストアしたパーツの組み付けが完了しました。


RIMG05001.jpg

欠けていたウインカー基部も元通りになりました。

RIMG0502.jpg

リアグリルも交換し、割れていた部分が修復されたと同時に、樹脂パーツの色も蘇ったことにより精悍なイメージとなりました。

RIMG05033.jpg

サイドのルーバーは補修と再塗装により見違えるようになりました。

RIMG04991.jpg

経年劣化で反っていたメーターフードも再塗装し交換いたしました。

RIMG050555.jpg

まだまだお預かりしている部品もありますが、車検を取得しひとまずお戻しいたします。

改めて今後の整備計画についてご相談させていただきます。

クイックトレーディングガレージスタッフ

  1. 2013/02/09(土) 19:00:27|
  2. LANCIA

2013/2/3 LANCIA Delta Evo-II
岩手県花巻市S藤さま LANCIA Delta Evo-II

ブレーキロックでお預かりしたものの、タイヤハウス内の腐食が原因で、結果として長期入院となってしまいました。
この箇所はサスペンスションアームの取り付けブラケットがあり、強度がなくなると最悪はフロントサスペンスションが外れてしまう恐れがある部分です。

CIMG0189.jpg

外側から見ても随分と腐食が進行していることが分かります。

CIMG0217.jpg

さらに袋状になっている内部は表面以上に腐食が進行していました。

CIMG0220.jpg

腐食している部分を切外して行きます。

CIMG0223.jpg

無くなってしまった部分は新たに鉄板から作ります。

CIMG0227.jpg

こうなってしまうともはや補修は不可能です。

CIMG0228.jpg

まずは内側の部分を補修します。

CIMG0233.jpg

防錆処理を施しますが、新車の製造の際に行われた防錆処理よりも現代の処理剤ははるかに性能が向上しています。

CIMG0235.jpg

ブラケットを取り付けます。

CIMG0237.jpg

さらにコーキングを行います。

CIMG0239.jpg

切外した部分は新しく作ります。

CIMG0243.jpg

外側の鉄板を切継ぎして再現します。

CIMG0244.jpg

同じく防錆処理を施します。

CIMG0246.jpg

表面塗装を行って作業は終了です。これで安心してアームを取り付けることができます。しかし、その前にボディ補修のために取り外したミッションケースを取り付けなければなりません。

いよいよ最後の組み立てですので、今しばらくお待ちください。

クイックトレーディングガレージスタッフ
  1. 2013/02/03(日) 19:00:37|
  2. LANCIA

2013/2/2 LANCIA Delta 16V
埼玉県さいたま市O切さま LANCIA Delta 16V

大切にお乗りいただいている素晴らしいコンディションのDelta 16Vを車検でお預かりいたしました。

RIMG0494.jpg

RIMG0495.jpg

RIMG0496.jpg

オーナー様のご愛着に応えて、しっかりとチェックさせていただきます。

クイックトレーディングガレージスタッフ

  1. 2013/02/02(土) 19:07:42|
  2. LANCIA

ガレージスタッフのオススメ
洗車やワックスがけが趣味の方はともかく、私たちガレージスタッフはお客様からお預かりしたお車をメンテナンスし、最後に綺麗にしてお渡しするのが仕事ですので、その最終仕上げである洗車やワックスがけには効率と高い効果を求めるものです。
言い換えれば、「簡単でかつ綺麗に仕上がる」ことが一番で、簡単であってもあまり効果がないものや、効果は素晴らしいのですが、やたら手間がかかる仕上げ剤はどうしても敬遠してしまいます。

そんな中でガレージスタッフがテストした結果、採用されたのが今回お奨めする、WAKO'Sのバリアスコートです。

RIMG0493.jpg

このコート剤はハイブリッドポリマー(高密度ガラス系ポリマーとWAKO'Sオリジナルのポリマーレジン)により、ボディ表面にガラスのようなクリスタルな輝きを与え、深みのある艶を出します。
耐久性も抜群で、メーカーによるとその持続期間は6ヶ月とのことで、塗り重ねることにより持続時間は長くなるそうです。

ハイブリッドポリマーの特徴は、そのポリマーが汚れを浮き上がらせ、特殊なハイドロカーボン系洗浄剤と界面活性剤が油汚れ、タイヤカスから虫の死骸まで簡単に洗浄することができ、しかも、中性でコンパウンドを含んでいないため、樹脂パーツにも安心して使用することができるのです。

何だか難しいことを一杯書きましたが、要は材質を問わずボディの隅々にまで使用でき、深みのある艶とガラス表面のような輝きで仕上がり、しかもそれが長もちするのです。

ガレージスタッフが使うのですから、その使い方が面倒だと落第なのですが、このバリアスコートは洗車した後にボディにスプレーして専用のクロスで拭き上げるだけというもので、多少の水分の拭き残しがあっても全く問題はありません。

今年から車検などでご入庫いただいたお車には、最後の仕上げにこのバリアスコートで拭き上げを行っておりますが、皆さんお帰りいただく際に大変喜んでいただいておりますので、その効果は「洗車したヒトの自己満足」ではなく、客観的に見ても優れているのではと思います。

その効果をオーナーの皆さんにも是非体感していただきたいと考え、通常のバリアスコートに専用のマイクロファイバークロスを2枚セットして

特別価格 3,150円(消費税込み)

で販売しております。マイクロファイバークロス2枚セットのこの商品は数に限りがございますので、試してみようという方は是非、お早めにお買い求めください。

クイックトレーディングガレージスタッフ




  1. 2013/02/01(金) 19:20:04|
  2. その他お知らせ

2013/2/1 ALFAROMEO Alfa Corse GTV 2.0TB
埼玉県北加須市 A鹿さま ALFAROMEO Alfa Corse GTV 2.0TB

RIMG0492.jpg

車検でご入庫いただきました。弊社が企画に携わったAlfa Corse GTV 2.0TBで、オリジナル状態を良く保っていただいている個体です。

RIMG0491.jpg

RIMG0490.jpg

大切にお乗りいただいており、大きな問題もなく無事に車検整備を終えることができました。

どうか末永く可愛がっていただければと思います。

クイックトレーディングガレージスタッフ
  1. 2013/02/01(金) 19:00:54|
  2. ALFA ROMEO

2013/2/1 LANCIA Beta Montecarlo
茨城県常総市I藤さま LANCIA Beta Montecarlo

内装リフレッシュ作業の続きです。

経年劣化で反ってしまっていたメーターフードを交換されたいとのことで状態の良い中古パーツをお預かりしておりました。

しかし、そのまま装着はできませんので、まずは表面を研磨し塗装を行いました。

RIMG0487.jpg

新旧のフードを並べてみるとやはり装着されていたフードの劣化は相当進んでいたようです。

RIMG0489.jpg

またサイドのルーバーも取り外して再塗装させていただきました。
こうしたプラスチック部品は経年劣化で脆くなっており、着脱の際に破損してしまうのですが、今回もやはりその被害に遭ってしまいました。
新品が入手できる部品であれば問題はないのですが、こうした旧車の内外装パーツはその殆どが生産中止となっており、入手できても中古パーツであることが多いものです。
しかし、仮に破損してしまってもその破片ともどもパーツ全体を樹脂で補強し、再生することにより蘇らせることができます。

クイックトレーディングガレージスタッフ

  1. 2013/02/01(金) 19:00:15|
  2. LANCIA




| ホーム |