QUICK TRADING/Factory News

2012/2/28【LANCIA DELTA EVO-II】
東京都 新宿区 S本様 LANCIA DELTA ジアラ 中古車購入後の自主点検でご入庫頂きました!

とんでも無く綺麗で上質なDELTAです。
中古車市場には絶対と言って良いほど出てこない車輌です、走行距離、2.000km 正規輸入車輌 ワンオーナーカー 雨天未使用 整備履歴ディーラーのみ(ショップ/GS/町工場)無し、ガレージ保管。
こんな素晴らしい素性のLANCIA DELTA を長年探してようやく手に入れられた正にベストDELTAと言っても過言ではないような車輌です。
東京に在住のS本さまは大のDELTA好き、以前にも一度DELTAをお乗りになった事もありその時の経験も生かして今回2度目のDELTAを購入なさったそうです。
勿論、どんなに素晴らしい車輌あろうと、経年劣化は心配なので購入後直ぐにQuickに入庫させ健康診断を徹底的に
なさるべくご入庫頂きました。


DSC_4106_20120228211929.jpg
DSC_4110_20120228211949.jpg

画像からも判断できるように外装/内装/足回りは汚れが殆ど無く新車と言っても通りそうな状態です。

車輌をリフトUPさせパワートレンの状況を下側からチェックいたしました。
OILパン関連からのOIL漏れがかなりあり一部はOILパンに焼きついたよう状態でOILがこびりついております、一番下部のOILパンパッキンを止めているボルトにはオイル垂れが出来ています。
グリーンの色が見えるのは冷却水が洩れた跡です、現在は洩れていませんが何か原因あるかもしれません、よく点検させて頂きます。

DSC_4064.jpg
DSC_4074.jpg
DSC_4075.jpg
DSC_4076.jpg
DSC_4078.jpg
これは、永らくエンジンを回さなかった為各部のパッキンの材質に柔軟さがなくなり、パッキンが硬化して来た為におこるOIL漏れです。
長年使用していなかったこの状態で15年後の今、特別無理をする事なく普通に常用回転使用で使用し始めたとしても、このエンジン(オイルシールやパッキン類)には相当過酷な状態となります。
ましてレッドゾーンなどはもっての外です、勿論ガンガン走っての使用などは、かなりリスクが高いと思われます。


DSC_4081.jpg
DSC_4082.jpg
DSC_4085.jpg

センターデフ/リヤデフのOILは前後共にOIL漏れしております。これはデフOILシールが経年劣化で硬化して弾力が無くなり走行しない状態でも微量ですがOIL漏れが起ってきた状態です。
多分通常走行を開始して数千kmでもっと激しくもれる事となりそうですのでOILシールの交換は是非ともご検討下さいますようお勧め致します。

DSC_4086.jpg
DSC_4087.jpg
DSC_4089.jpg
DSC_4090.jpg
同じくリヤデフからジョイントされていますドライブシャフトもカップリング付近で燃料タンクやリヤのコントロールアームにかなりのOILが飛び散った状態で付着しているのを発見致しました。
原因はドライブシャフトのOILシールからの漏れでした

DSC_4092.jpg
DSC_4093.jpg
DSC_4111_20120228211936.jpg

テールマフラーは画像でご覧いただけますように腐食が進んでおりもうすぐ穴があく状態ですので今のうちに補修すればまだ使用可能です。

DSC_4096.jpg
DSC_4097.jpg
DSC_4100.jpg
DSC_4101.jpg
DSC_4102.jpg
DSC_4103.jpg
DSC_4104.jpg
足回りのブッシュ関係は全て変形しておりました、長年、長期に同じ位置において車輌の自重(1t以上)が掛かり続けた結果ブッシュはある一方向だけが圧縮された状態で経年劣化して固まってしまいっておりました、これでは正常はアライメントが形成できません。

同様にエンジンマウイントは全てが圧縮されておりノーマルの正常値より10mm程圧縮状態であり、もう少しでマウントの取付ベースの金属同士が接触すしそうな状態となっております。
エンジンマウントが圧縮されるとエンジン自体の固定位置が下がってしまい正常なシフトやドライブシャフト&各アーム類の相対的なジオメトリーが変化し結果正常な走行が出来なくなります、是非交換をお勧め致します。


DSC_4069.jpg
DSC_4071.jpg
DSC_4068.jpg
DSC_4066.jpg
DSC_4067.jpg

参考までに他車でエンジンマウントを交換した時の画像ですが、左側が使用約15年のエンジンマウントです。エンジン&ミッションの自重約200kgが24時間365日掛かり続けた結果この用にゴム部分が圧縮硬化してしまったのです、右側が正常なエンジンマウントとなります。
最悪はゴムの部分が潰れてブラケットの鉄部分同士がぶつかり合ってしまいマウントの役目をしなくなる状態が起ってしまう事です。
中古車市場でよく使われる言葉ですが【走行距離が少なければ程度は最高でメンテナンスの必要などありません】などと言われる事がありますがこの2000kmのDELTAでさえも、経年劣化は確実に起っています。勿論DELTAに限った事ではなく、全ての中古車にあてはまる事なのですが!!!。

IMG_5582_20120229123442.jpg





点検の時に気が付いた点といたしまして、サイドステップの取付が不完全な状態となっておりました、これは推測ですが納車時点からかもしれません。

DSC_4114.jpg
DSC_4115.jpg
DSC_4116.jpg
本来止まっているはずのネジがありません、またサイドステップ側に取付の穴さえない場所もありましたので取付直しが必要と判断致しました。

DSC_4117.jpg
DSC_4123.jpg
DSC_4122.jpg
DSC_4095.jpg
DSC_4094.jpg
最後は多分サイドステップとフェンダの隙間を調整するのにどうしてもゆがんでうまくいかなかったらしく本来は使用していないゴムのスペーサーを隙間に押し込んでありました。
この辺の処理はご相談させて頂ければと思っております。

以上のよな状況となっております、やはり2.000kmの車輌といえども、長年の年月にはどうしようも無い部分もあり必ず手を入れなければならない部分が出てきます。今回の初期化チェックで問題になった部分をどのように対処させて頂くか検討させて頂き、ご連絡いたしますので宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部車の
  1. 2012/02/28(火) 21:09:17|
  2. LANCIA

2012/2/15 【LANCIA DELTA 16V】
埼玉県 さいたま市 O切様 LANCIA DELTA 16V
12ヶ月点検でご入庫頂きました。

IMG_8829.jpg
IMG_8830.jpg
IMG_8831.jpg
IMG_8833.jpg
IMG_8864.jpg
IMG_8863.jpg
IMG_8860.jpg
IMG_8852.jpg
IMG_8844.jpg
IMG_8841.jpg
IMG_8838.jpg

Quick Trading サービス部
  1. 2012/02/17(金) 13:47:37|
  2. LANCIA

2012/2/9【LANCIA DELTA EVO-II】
神奈川県 横浜市 Y田様 LANCIA DELTA EVO-II
クラッチからの異音でご入庫頂きました。

IMG_8730.jpg
IMG_8731.jpg
IMG_8754.jpg
IMG_8755.jpg
IMG_8756.jpg
IMG_8757.jpg
IMG_8759.jpg
IMG_8768.jpg
IMG_8760.jpg
IMG_8761.jpg
IMG_8766.jpg
IMG_8762.jpg
IMG_8763.jpg
IMG_8764.jpg

Quick Trading サービス部
  1. 2012/02/09(木) 17:38:04|
  2. LANCIA

2012/2/21【LANCIA DELTA EVO-II】
東京都 板橋区 W野様 LANCIA DELTA EVO-II
ヘッドからの異音でご入庫頂きました。

IMG_8685.jpg
IMG_8686.jpg
IMG_8769.jpg
IMG_8771.jpg
IMG_8772.jpg
IMG_8773.jpg
IMG_8774.jpg
IMG_8775.jpg
IMG_8953.jpg
IMG_8958.jpg
IMG_8955.jpg



Quick Trading サービス部
  1. 2012/02/03(金) 14:42:13|
  2. LANCIA

2012/2/3 【ALFA ROMEO GT】
東京都 荒川区 K内様 ALFA ROMEO GT
AFC取付&セッティングでご入庫頂きました。

IMG_8684.jpg
IMG_8687.jpg


Quick Trading サービス部
  1. 2012/02/03(金) 14:32:42|
  2. ALFA ROMEO




| ホーム |