QUICK TRADING/Factory News

2009/12/30【LANCIA DELTA 16V】
静岡県三島市 H江様 LANCIA DELTA 16Vリセット進行状況

2009年もそろそろ終了となってしまします、ご入庫いただいておりますH江さまLANCIA DELTA 16Vのリセット作業の作業状況をご報告させて頂きます。
当初の予定では3ヶ月~4ヶ月の予定スケジュールを組ませて頂いておりましたが、途中経過でご説明させて頂きましたように幾多の難題が噴出して、その対応に追われ現在に至っております。
大変お時間が掛かってしまいましたが、せっかく遠路はるばる車輌をお持ち込み頂いて、中途半端な状態でのご納車はしたくないとの認識で、サービススタッフが年内のご納車に何とか何あわせようと連日、深夜まで作業を進めさせて頂きました。

DSC_1550-011.jpg

途中経過でご報告させて頂きましたようにエンジンに関しては大幅な見直しが必要となり、結局はコンプリート全ての動力部分を降ろして、フルオーバーホールになってしまいました。

DSC_1552-022.jpg

途中経過ご報告をさせて頂きました通り、一番肝心なエンジンブロックの損傷部分について修復が困難な状況と判断致しました。

DSC_1560-033.jpg

エンジンに関しては前オーナーが何処かの工場でメンテをしていたと仰ってましたが多分そのメンテ状況がよく無かったと判断できる状況が多数あって対策に苦慮致しました。

DSC_1578-044.jpg

結局はオリジナルのブロックは使用不可能と判断してQuickにあったブロックを再使用する事に致しました。
勿論コストの事も考えなければなりませんが、中途半端な状態では折角Quickにご入庫いただいた意味が無くなってしまうと考え、結果重視でQuickで出来る事は最大限やらせて頂こうと決めました。

DSC_1574-055.jpg

エンジンヘッドは当然フルオーバーホールです。バルブガイドを新しく制作しております。従来のオリジナルより強度及び耐久性が数段上にななります。

DSC_1621-088.jpg

デルタは補機類が大変多いので組込が大変なのです、ターボチャージャーもギャレット社メーカーで完全O/Hをしております。

DSC_1622-0911.jpg

何十万回転もするターボチャジャーは厳格な作業が必要となります、又、インナーの回転部分のシャフトやメタルフインなどは消耗品となっており完全オリジナルの部品が必要となりますが、これはギャレット社のメーカー以外では入手困難です。

DSC_1626-0922.jpg

オルタネーター(発電機)も既に寿命でした、オリジナルのマレリー社製オルタネーターの新品を取付いたしました。

DSC_1624-0933.jpg

コンプリートに仕上がったエンジンを16Vのボディへ積み込みます。

DSC_1628-0944.jpg

サーモスタットやお水のラインパイプ(ステンレス製)も勿論新品パーツに交換いたしました。

DSC_1586-0955.jpg

ドライブシャフトは勿論O/H致しました。
ブーツやシールも新品部品を使用してリフレッシュしております。

DSC_1587-0966_20091231151435.jpg

意外と忘れられてしまうのがマウント関連です。勿論新品部品でリフレッシュいたしました。

以上のような状況となっております。
年内のご納車を目指してサービススタッフが連日深夜まで頑張りましたが、時間オバーになってしまいました、年明け早々には準備万端整えて最良のDELTA 16Vをお届けできると確信しております。
宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/12/31(木) 15:02:18|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2009/12/22【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ】
神奈川県横浜市 T田様  LANCIA DELTA EVO-ⅡのクラッチO/H作業進めております。

クラッチの不調でご入庫頂いておりますLANCIA DELTA EVO-Ⅱは作業に取り掛かっております。

DSC_1510-01.jpg

クラッチをオーバーホール致しますには、ミッションを取り外さなければなりませんが、DELTAはこの作業が中々大変です。

DSC_1517-02.jpg

ミッションの取り外す前の状態です。OILパンからのオイル漏れがおきております。厄介なのはDELTAはオイルパンが二段重ねにあってOILの容量を増量しているので、オイルパンのガスケットが通常の車輌が1枚に対してDELTAは2枚必要なります。

DSC_1531-03.jpg

ミッションを取り外した状態ですとオイルパンの2重構造が良くわかります。

DSC_1534-04.jpg

オイルパンパッキンからOILが洩れている状態が確認できます。

DSC_1532-05.jpg

デルタにはエンジンブロックを鋳造して制作する時にどうしても必要となる鋳造用のホール(穴)があります。
この内部はエンジン冷却用の水が循環するウオータージャケットになっていてパッキンで塞がれているのですが
永い年月には水に侵されて内部から腐食してきて最後は水漏れをおこします。

DSC_1541-06.jpg

ミッションを降ろす作業に必要なエンジン上部の部品を取り外した状況です。

DSC_1545-07.jpg

クラッチディスクとクラッチカバー(プレッシャープレート)です、クラッチディスクの磨耗は、ほぼ使用限度まで使用され良いタイミングでの交換次期と思われます。

DSC_1521-08.jpg


ミッションを取り外す為には一旦ドライブシャフトを取り外す必要があります、当然このときにドライブシャフトの状態も確認いたします。ブーツに亀裂が見つかりました。

DSC_1538-09.jpg

ステアリンラックブーツの取付固定が外れていていました、又ブーツ自体にも亀裂がり今回のメンテナンスで一緒に修復させて頂きます。
予定のお時間より遅れておりますが、ご理解の程宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/12/22(火) 18:53:20|
  2. LANCIA

2009/12/19【ALFA ROMEO 156]】
埼玉県和光市 T橋様 ALFA ROMEO 156車検でご入庫頂いております。

車検整備でのご入庫頂きましたALFA ROMEO 156はご入庫時にご提案させて頂きました付随整備作業を進めております。

DSC_1435-01.jpg

ご入庫時にご提案させて頂きました、前回からの課題であったクラッチ及びタイミングベルトの整備を進めております。

DSC_1439-02.jpg

クラッチは予想通り、限界を超えており今回O/Hして大正解でした、幸いフライホイルにはキズが無かったので再利用可能です。

DSC_1443-03.jpg

消耗品である、クッラッチディスク/カバー/レリーズベリングの交換で大丈夫です。

DSC_1441-04.jpg

タイミングベルトもやはり限界ギリギリでした。

DSC_1507-05.jpg

ALFA156も既に製造から10年の歳月が流れております。
そろそろ消耗品が限界点に近付いてきました。
前回からの課題であったクラッチとタイミングベルトの問題は一驚に解決させるべく作業を進めております。
お時間が掛かっておりますがもう少しでメンテナンス作業が終了いたしますので宜しくお願いいたします。
Quickのサービスはただ今年内パンク寸前の状況となっております、年末に次期に早くリターンさせて頂きますようがんばります。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/12/21(月) 01:36:23|
  2. ALFA ROMEO

2009/12/11【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ】
東京都 K賀谷様 フロント板金終了致しました!

ボディの修復も含めメンテナンスでご入庫頂きましたLANCIA DELTA EVO-Ⅱは作業を進めております。

IMG_4277-02.jpg

ボディーの損傷状況フフロント右側がひどく損傷を受けておりました、内部のOILパイプも一部損傷を受けており修正しております。

DSC_1457-03.jpg

しかしながらご安心下さい、損傷箇所は何事も無かったように、綺麗に修理されております。

DSC_1460-04.jpg

フロントバンパー/フォグランプなどの純正部品はメーカー生産終了(数年前に終了)に伴い現在は部品の入手が非常に困難な状況となっております。

DSC_1459-05.jpg

フォグランプ等の部品は来週あとりにイタリアから届く予定です。
修理は第2ステージに進めたいと思っております、パワーステアリングの異音、ラジエター水の漏れなど徹底的に調査し、まずは概算見積をお送りさせて頂きます。その内容をよく検討しながら今後の整備方向をご一緒にかんがえさせて頂きたいと思っております。
宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/12/11(金) 21:10:21|
  2. LANCIA

2009-12-02【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ】
埼玉県 新座市 Y田様 リセット作業進めております!

ご入庫いただいておりますLANCIA DELTA EVO-Ⅱのリセット作業は第二ステージに突入しております。

足回り関連のブッシュ交換などを終わらせていよいよエンジン関連の動力部分に手を入れております!

DSC_1154-01.jpg

エンジン部分はバンパー/ボンネエットなどのの外装品を取り外す作業からスタートいたします。

DSC_1156-02.jpg

ラジエタークラーコンデンサーなどを取り外すと、やっとターボチャジャー本体が露出してきます。

DSC_1155-03.jpg

ここで一気にエンジンヘッドまで取り外してエンジン内部の状況を確認いたします。

DSC_1164-04.jpg

リセット前までは目いっぱい詰まっていたパーツに邪魔されて死角になり良くチェックできなかった部分が見えてきます、どんなに外装など程度が綺麗で程度良くみえる固体も一旦バラバラにしてみると、やはり経年劣化は避けられない事が解かります。

DSC_1165-05.jpg

エンジンマウントなども永年にわたり加重が同一方向に掛かっている為にどうしても変形してきます、これはどんな車輌でも同じ事ですがやはり10年~15年の歳月は見えない部分に及んでいます。

DSC_1171-06.jpg

ターボチャジャー本体もだいぶ疲れがでてきておりました。

DSC_1177-06.jpg

ミッション部分の取り外す前の状態です。ドライブシャフトを取り外した段階です!

DSC_1157-07.jpg

ここまで分解して自然劣化などは当然なので問題ないと考え順調な作業進行と思えましたが!!やはりでました!エアコンのコンプレッサーを支えている大事なステーがナント途中で切断されているのです。
このステーは純正の部品で構成されていますがコンプレッサーのメンテナンスや取付作業すする場合どうしても手(工具)が入りずらい為大変な作業になってしまう部分なのです、したがってどこかで作業した時に勝手に切断してステーを除去したものと思われます。
この部分も含め。今後のリセット作業の基準をお話させて頂きたいと思っておりますので、お時間が許す時にご来社頂き、実車をみながらご相談させて頂きたいと思っております。
宜しくお願い致します。

<Quick Trading サービス部
  1. 2009/12/02(水) 21:16:53|
  2. LANCIA DELTAリセットカー




| ホーム |