QUICK TRADING/Factory News

2009/11/26【LANCIA DELTA 16V】
静岡県三島市 H江さま!LANCIA DELTA 16Vリセット作業続行中。 

お時間が掛かっております。作業を進めさせて頂くなかで思わぬ状況になり、リセット作業が大幅に遅れました。
作業途中で見つかったボディの変形はやはり検討した結果、修復する事に致しました。

画像2009_1021_114307AA-01

板金作業を施工するにあたり、せっかく途中まで完成したエンジン部分も含めミッション&センターデフも含め一旦、車台から降ろす事にいたしました。

画像2009_1021_114411AA-02

この画像でも確認できますようにフロントフレームが内側に湾曲しております。

画像2009_1021_114449AA-03

この状態で新しいラジエターを取付場合、ラジエター本体がフレームに沿って無理やり曲げられてしまい、大切なラジエターコアにダメージを与えてしまう情況でした。
今まで着装されちたラジエターはやはり曲がっていて変形しております、これが今回の水漏れも直接的原因はどうかは解かりませんが、正規の状態で無い事は確かです、これは前部を破損して板金工場で修理なさったさいに完全修復されていなかった事が原因と考えられます、通常の使用状況でこのようにフロントパネルが変形する事は絶対にありえません!

画像2009_1021_152720AA-04

車輌はQuickが絶対的に信頼をもってお願いしております板金工場”わたびき”さんに持込んで修正いたしました。

画像2009_1021_152734AA-06

たった数ミリフレーム修正ですがこのような大掛かりな作業が伴います。
勿論、この作業前にエンジ/ミッションなどのパワートレインを一旦取り外さないとキチットした修正は出来ません。
パワートレインなどの機器がフレームに着装されているとそれ自体がフレームの支えになってしまい、いくら修正しても本来の何も負荷に掛かっていないフレーム本来の状態とは全く違う条件になるからです。
板金工場はエンジンやミッションなどのメカニカル部分はテリトリー外の為、基本的にはメカニカル的な作業はいたしません、したがってエンジン脱着などを要するような大掛かりな作業の場合はメカニカル担当工場が板金工場に出向いて作業をするか、先にメカニカル部分切り離してボディだけの状態にして板金工場へ運ぶかの選択となります。この連係プレーが面倒だったりすると今回にような問題が起こりうる可能性が高いのです。
今回のケースもそうですが、完全に正常な状態にするには、結局やり直して、手順通り一から作業をしなければなりません。
現在DELTA 16Vは板金作業をキチット終了してQuickのサービス工業へ戻ってきました。
これから、再度エンジン/ミッションなどの装着を開始いたします、今しばらくお時間が必要です、ご理解の程よろしくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/11/26(木) 12:54:23|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2009/11/25【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ】
東京都 T橋さま! LANCIA DELTA 車検整備順調に進めております!

車検整備ご入庫ありがとうございます、通常の2年定期点検は順調に進んでおります。

DSC_1112-001.jpg

日頃から定期点検をきちんと施工させて頂いておりますので、大きな問題はございませんでしたが、一部は経年劣化による部品交換が必要となっております。

IMG_4237-02.jpg

エアーインテークのダクトホースなどの部分が経年劣化でヒビ割れており交換となりました。

IMG_4238-03.jpg

新しいジョイントホースはサムコ製を使用して耐久性を重視して部品交換いたしました。

IMG_4164-04.jpg

サイドブレーキを固定している吊りバンドが劣化の為切れて全く意味が無い状態でしたので交換いたしました。

IMG_4249-06.jpg

配線がたるんで、エキゾーストに接触していました!!勿論キチット手直しいたしました。

IMG_4247-07.jpg

ブレーキに関しましては交換時期にきております、ローターの磨耗がメーカー基準を下回りかなりの凹凸があり安定したブレーキ性能が確保出来なくなってきています。

IMG_4155-08.jpg

パワーステアリング用のオイルホースに若干の漏れ(にじみ)がりましたので、交換いたしました。
外見からは中々見えない部分ですが、やはり15年の歳月は各部の劣化を起こしてくる可能性が大です、しかしこのように定期的にキチット点検整備をすれば基本的には何年でも安心してお乗りいただけます。
需要な点検、整備は終了致しました、又無事に2年間の車輌検査にも無事合格致しましたのご安心下さい、コンピュターのリセットなど最後の調整が終われば整備の終了です。
ご連絡もうしあげます。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/11/26(木) 00:24:30|
  2. LANCIA

2009/11/24【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ】
埼玉県 S葉さま 車検作業進めております!

車輌検査でご入庫ありがとうございます、整備状況は順調に進んでおります。

DSC_1091-01.jpg

永年S葉さまの車輌を整備させて頂いておりますが今回も定期検査に、ご入庫いただきありがとうございました。

DSC_1093-02.jpg

前回も1年点検でご指摘させて頂きましたラジエターの経年劣化ですが、ついに交換次期になりました、しかしイタリア車のラジエターと考えて頂ければ、何と現役で15年もの長期間の使用が可能だった事は日ごろの点検管理がしっかりやらせて頂いた結果と自負いております。

DSC_1100-03.jpg

残念ながら圧力をかけると、ラジエターコアの部分からお水が染み出てきます、毎年シーズン、冷却水(LLC)を交換させて頂きのはこのように直接お水に触れる部分の防錆効果が落ちないようメンテナンスする意味合いもあります。

DSC_1097-04.jpg

新しいラジエターは純正より熱拡散率が30%も向上するアルミラジエターに交換いたしました。
これで新車の時から悩まされてきた夏場のオーバーヒート対策は解消すると同時に防錆加工も優れているアルミラジエターならキチットメンテすれば20年は耐久性がありそうで安心です!!

DSC_1101-05.jpg

仕上がりが楽しみですね!
ブレーキ関連のセットアップをすめせれば今回の車検整備は全て終了となります。これでまた2年間安心してお乗りいただけます。
今しばらくのお時間を頂戴いたしますが宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/11/24(火) 20:24:30|
  2. LANCIA

2009/11/24【マセラティー ギブリ】
東京都 G藤さま マセラティーのボディー修復中!

お時間が掛かっておりますが、ボディの修復作業はスタートしております。

DSC_1068-01.jpg

フロント部分の破損状況はバンパー/ボンネント/左右ライトグリル/ラジエターグリルでした!

DSC_1069-02.jpg

ボンネットは修復作業で作業を進めております。

DSC_1070-03.jpg

DSC_1071-04.jpg

お時間が掛かっておりますのは部品の入手がスムーズにいかなくて大変でした、何とか調達いたしましたが、今後もこの時代のマセラティーは部品確保が最大の問題です。
パワートレン関連などの部品もかなり品薄の状態でメーカーが生産終了した車輌の運命でしょうか!
今回はかろうじて全ての部品が入手できましたのでご安心下さい、今しばらくお時間を頂戴いたします、宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/11/24(火) 20:14:29|
  2. MASERATI

2009/11/15【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ】
東京都SS木様 リセット作業開始致しました!

大変お待たせ致しましたがDELTA EVO-Ⅱのリセット作業を開始致しました。

DSC_0583-01.jpg

新車からお乗り頂きはやいもので、15年近くも経ってしまいました、ご購入いただいた時点ではまさか!15年も同じ車をお乗りになるとは思わなかったとお話頂きました。
しかし気が付いてみれば15年、それ程LANCIA DELTAという車は魅力的であり実用的であり楽しい車なのですね!

DSC_0590-02.jpg

今回のリセット作業は、エンジンの出力低下が感じられるとのお話から色々調べた結果、4気筒中の1気筒にコンプレッションの低下が見られたので、ヘッドホーバーホールする事を決めたのがきっかけでしたが!!!いざエンジンを分解していくと、やはり15年の経年劣化が随所に見られる事が判明して、、、、ついにエンジンリセットとなったのですが!!!

DSC_0550-03.jpg

エンジンリセットを決断なさって、大正解でした。コンプレッションの低下はヘッドガスケットが15年にも及ぶ過酷な使用(ターボエンジンの宿命)による熱変形材質劣化による、吹き抜けがみられました。

DSC_0554-04.jpg

エキゾーストマニーホルドのガスケットもかなり厳しい状況となっており、オーバーホールには適正な時期でグッドタイミングの状況でした。

DSC_0592-05.jpg

ピストンなどのカーボン付着は比較的良い状態でした、これは日ごろのOIL管理がしっかりしていた証拠です。このように日ごろのメンテナンスをしっかり行っているかどうかで車の寿命大きく左右されます、また今回のようにエンジンを分解すれは日ごろのメンテナンス状況が手に取るように解かってしまうのです。

DSC_0596-06.jpg

どんなにメンテナンスでお水の管理(LLC/防錆剤など)をしていてもシリンダーブロック内部のウオータージャケット部分には、かなりの水垢(ヘドロ)が付着して冷却水の循環効率を悪くします。
水冷エンジンの宿命であり絶対に避けて通れない重要なメンテ部分です。
こような状況ではやはり人の手で洗浄してクリーニングする事が一番確実で確かな方法です。
今回のメンテ作業は比較的簡単にヘッド部分だけのオーバーホールを考えておりましたが、いざ手を入れていくと経年劣化部分との戦いになってしまいました。
早急に現状をご覧頂き、現状をご理解頂いた後、十分納得のいくメンテナンス計画をss木様とご一緒に考えていきたいと思っております。お時間も当初の予定より大幅に伸びてしまいますがご理解の程宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/11/15(日) 20:34:15|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2009/11/08【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ】
都内 F自動車 様 LANCIA DELTA EVO-Ⅱエンジン修理 NO-02

エンジンヘッドを分解して破損状況を入念にチェックしております。

DSC_0478-F3.jpg

オイルなどの汚れを綺麗に落として細部がよくチェックできるように致します。

DSC_0479-F2.jpg

燃焼室の付着したカーボンも除去致しますが作業前にキズや変形箇所が無いかを測定致します。

DSC_0481-F4.jpg

オイルパンにも金属片などの損傷部の破片などが無いかを良くチェック致します。

DSC_0476-F1.jpg

エンジンブロックに関しましても、シリンダー内にキズなどが無いか細部にわり点検いたします、勿論ピストンは取り外さなければ点検できない為、全てのピストンを取り外します。

DSC_0483-F5.jpg

カーボンなどが付着していると損傷状態が解からなかったり見落とす可能性があるので、綺麗にクリーニングしてから点検いたします。

この後はヘッド、ピストン、コンロッドを外注先のボーリング屋さんに出して、シリンダーヘッドはバルブガイドやシートリングなどを交換して最終的にヘッド面の研磨をして水圧テストをで良好な数値がでたら完成です。
ピストン、コンロッドはクラッシュ時の衝撃力で歪みや曲がないか一点一点計測して問題が無ければクリーニングにて再しようします。
現在ミッションも取り外してブロックの点検を兼ねてクラッチO/Hも進めておりますので宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/11/08(日) 21:05:04|
  2. LANCIA

2009/11/01【DELTA リセットカー】
東京都世田谷区 K田様 DELTA リセットカー納車整備中! 

オプションの取付!11/01

DELTA リセットカー メンテナンスも終了して各部の走行テストを繰り返しております。
テストの間隙を縫って色々なオプションを取付降ります。


DSC_0623-K1.jpg

オプション関連でも結構大変な作業になります。
オーディオの取付作業です、たかがオーディオと思われますが、そこはやはりこだわって見えない部分までキッチリ取り付け致しております。

DSC_0627-K2.jpg

フロントパネルをバラバラにしての作業です、これは貴重な内装を取り外す作業が伴いますのでかなり慎重に作業を進めます。
商品を購入すれば取付無料!なんてうたってる量販店などでお願いしたら!!こんな作業は望めません。LANCIA DELTAに精通しているQuickのメカニックが作業しても述べ6時間以上もかかります。

DSC_0630-K3.jpg

iPodアダプタ CD-IB10IIを取付しました、配線の取り出しはパッセンジャー側に配置いたしました。
電源関係も他のオリジナル機材に影響が無いように十分吟味して配線しております。

DSC_0631-K4.jpg

パソニックのナビの取付イメージ(仮設置)です、色々と設置場所を考えましたがこの位置が一番良いと思われます。最後は教祖の一言で決定いたしました、すいません!
まだ、ETCまどの機材もございますので、一点ずつ確認しながら、ベストなセットUPを進めていきますので宜しくお願いイあつぃます。
もすしこしのご辛抱です、世界に1台のオリジナル ”リセットDELTA” がお手元に届くまでは.
宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部



東京都世田谷区 K田様 DELTA リセットカー納車整備中! 
10/28
K田様 このたびはQuick Tradingで制作いたしましたLANCIA DELTA リセットカーをご購入頂きありがとうございました!

DSC_0054-01.jpg

ご購入頂きました車輌は法定車輌検査(車検)の取得が終了し細部の気になる部分のメンテナンスを行っております。

DSC_0509-02.jpg

ブレーキ関連はノーマルタイプをフルOHして問題は無かったのですが、再度検討させて頂きました結果、フロントブレーキ&リヤブレーキ共に新品部品を組み込む事に致しました。

DSC_0511-03.jpg

ブレーキパッドは勿論の事、ブレーキローターも完全な新品部品を組み込んでおります。

DSC_0512-04.jpg

同じくリヤブレーキも当然、新品のローター&パッドを組み込みました!

DSC_0515-05.jpg

更に気になっておりましたタイヤにつきましても同様に新品タイヤに履き替えましたのでご安心下さい。
K田様のDELTAをお使いになる使用条件などを考慮して銘柄を吟味した結果 ブリジストンタイヤから発売されているプレイズシリーズに致しました。
日常の使用には十分過ぎるほどの性能があり、サーキット走行などでのハードな使用も耐えられるスーパーマルチタイヤです。
この後のスケジュールと致しましては、更に細部をチェックメンテナンスさせて頂き、今週中には新しいナンバーを取得したいと思っております。
その後は実走行テストを数百kmはしり続けて耐久性に問題が無いかテストさせて頂き、ご納車となります。

今、しばらくお時間が掛かりますが、ご理解の程宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部



  1. 2009/11/01(日) 20:44:35|
  2. LANCIA DELTAリセットカー




| ホーム |