QUICK TRADING/Factory News

2009/10/28【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ 】
東京都世田谷区 M谷様 車検整備進めております!

永年のご入庫ありがとうございます、今回も車検整備を承りましてありがとうございます。
本当に早い者でDELTAもご購入から15年も経ってしまいました、使用年数に関わらずしっかりとメンテナンスをして頂ければ、このように何年でもお乗りいただけますのでご安心下さい。

DSC_0576-M1.jpg

前回の車検時でのメンテナンスで経年劣化部分のリペアをさせて頂きましたが、今回は大きな問題はなさそうです!

DSC_0580-M2.jpg

フロント左側のウインドが完全に下まで開閉できない状態はパワーウインドのモーターが劣化して力不足なのとガラスを上下させるレールが歪んできたようです。
交換して本来の作動状況に致します。

DSC_0579-M3.jpg

エンジンルーム内ですが若干ホース類に劣化がございました。

DSC_0599-M4.jpg

エアークリナーに接続されているホースに亀裂がございました、これは純正よりも強い材質のサムコ製のホ-スに交換し対処させて頂きました。

DSC_0598-M5.jpg

以上のような状況となっております、作業は順調にいけば今週中に終了する予定です。
詳しくはメールでお知らせ致します。
宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/10/30(金) 22:28:58|
  2. LANCIA

2009/10/28【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ 】
千葉県船橋市 K瀬様 サーキット走行い備えたサブコン取付終了!

K瀬さま!お待ちどうさまでした!!!待望のサブコンピューターとEVCが装着されました。

DSC_0484-K1.jpg

基本的にEVCはブーストコントローラーの作動部分をエンジンルームにセットしコントローラーそのものは当然室内にセットするのですが、この作業が結構大変なのです。


DSC_0495-K5.jpg

エンジンルーム内のコントロール部分はアッパーターボパイプ付近に設置いたします。

DSC_0492-K4.jpg

大変なのは室内のコントロールボードの設置です、これはEVCもサブコンピューターも同じです!

DSC_0489-K2.jpg

このような惨劇になります!

DSC_0491-K3.jpg

メインパネル、センターパネル等をすべて外して配線などを設置いたします。
根気のいる仕事ですがメカニックは頑張って?やらせて頂きました、途中疲れを出しております!!
今回は来月の袖ヶ浦サーキット走行会に何とか間に合うようにさせて頂きました、セッティングはシャーシーダイナモは使用せずに一般走行でセットUP致しました。
例の!エアクリーナーを着装してから最終的なセッティングをとらせていただきます。
走行フィーリングは抜群に良いです、中速トルクが物凄く増えて各ギアのつながりが凄くよくなって大変走りやすいDELTAに仕上がっています。今までとは2味も違いが実感できます。
教祖もテスト走行させて頂き、絶賛をしております。
これで、MMさんの毒キノコ?DELTAに挑戦できそうです。(笑い)
明日のお引取りお待ちしております。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/10/30(金) 21:45:38|
  2. LANCIA

2009/10/28【DELTA リセットカー】
東京都世田谷区 K田様 DELTA リセットカー納車整備中! 

K田様 このたびはQuick Tradingで制作いたしましたLANCIA DELTA リセットカーをご購入頂きありがとうございました!

DSC_0054-01.jpg

ご購入頂きました車輌は法定車輌検査(車検)の取得が終了し細部の気になる部分のメンテナンスを行っております。

DSC_0509-02.jpg

ブレーキ関連はノーマルタイプをフルOHして問題は無かったのですが、再度検討させて頂きました結果、フロントブレーキ&リヤブレーキ共に新品部品を組み込む事に致しました。

DSC_0511-03.jpg

ブレーキパッドは勿論の事、ブレーキローターも完全な新品部品を組み込んでおります。

DSC_0512-04.jpg

同じくリヤブレーキも当然、新品のローター&パッドを組み込みました!

DSC_0515-05.jpg

更に気になっておりましたタイヤにつきましても同様に新品タイヤに履き替えましたのでご安心下さい。
K田様のDELTAをお使いになる使用条件などを考慮して銘柄を吟味した結果 ブリジストンタイヤから発売されているプレイズシリーズに致しました。
日常の使用には十分過ぎるほどの性能があり、サーキット走行などでのハードな使用も耐えられるスーパーマルチタイヤです。
この後のスケジュールと致しましては、更に細部をチェックメンテナンスさせて頂き、今週中には新しいナンバーを取得したいと思っております。
その後は実走行テストを数百kmはしり続けて耐久性に問題が無いかテストさせて頂き、ご納車となります。

今、しばらくお時間が掛かりますが、ご理解の程宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部






[2009/10/28【DELTA リセットカー】]の続きを読む
  1. 2009/10/28(水) 22:01:55|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2009/10/28【LANCIA DELTA EVO-Ⅰ】
千葉県印西市 D門様 ブレーキマスター交換終了!

D門さま、ご入庫頂きありがとうございます。ご依頼のブレーキマスター交換は無事に終了しております。

DSC_0496-06.jpg

ブレーキマスターシリンダーは、サーキット走行などで度重なるハードブレーキの使用に耐えきれず?
ギブUPしたようです。

DSC_0498-06.jpg

走行テストではやはりブレーキマスターに問題がある事が判明致しました。

DSC_0533-04.jpg

交換したブレーキマスターです、内部のポンプ部分が悪くなっていました。

DSC_0532-03.jpg

更にご要望のございました、ウインドウオッシャー不良の原因も解明して修理完了です。
これで来月、千葉県袖ヶ浦サーキットで行われます、Quick Cupに参戦できますね!!!
明日(29日)以降のご出庫でお待ち申しておりますので宜しくお願い致します

Quick Trading サービス部
  1. 2009/10/28(水) 20:39:50|
  2. LANCIA

2009/10/25【LANCIA Stratos】
東京都 S藤 様車輌入庫いたしました

S様、このたびは大切なお車が損傷し、気を落とされている事とお察し申しあげます。
無事?ともうしますか、大事なLANCIA StratosはとりあえずQuickまで搬送されて、ご入庫いたしておりますので、取りあえずは一安心して下さい。

DSC_0263-00.jpg

前回ご入庫いただき、色々と整備させて頂き、エンジン等”最好調 ”でご出庫されて行った事を思うと本当に残念と言うかビックリと申しますか、ただただ唖然とするばかりの変わり果てた状況になって、
Quickのサービス スタッフも本当に辛い思いです!

DSC_0259-01.jpg

幸いにもお怪我などは無く車輌の損傷だけで不幸中の幸いかと思っております。

DSC_0258-03.jpg

リヤ部分に追突された損傷はかなりの破損状況です!

DSC_0264-04.jpg

特に左リヤ部分の破損が大きくどの程度の破損状況なのかは、分解していっての調査となります。

DSC_0261-05.jpg

いずれに致しましても、大切なお車であり貴重な LANCIA Stratos です、Quickも総力を上げて修復に取り組むつもりですので、ご安心下さい!
ただ、損傷状況によっては難しい作業になる事や、オリジナルの部品が入手する事が極端に難しい状況なので、お時間などは、現在の所全くわかりません、しっかり修復手順などを検討してしかるべき作業を進めていきますので宜しくお願いいたします。
LANCIA Stratos 必ず復活させましょう!

Quick Trading サービス部
  1. 2009/10/24(土) 19:03:19|
  2. その他車種

2009/10/24【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ】
都内 F自動車 様 LANCIA DELTA EVO-Ⅱエンジン修理スタートいたしました。

ご入庫頂きましてから、作業に取り掛からせて頂きますまでに大変、お時間が掛かってしまい、申し訳ございませんでした。

DSC_0387-01.jpg

部品の調達や工場の作業工程の段取りなどで準備期間がかなり遅れましたが作業スタートですご安心下さい、エンジンクラッシュの原因は初期の診断通りやはりタイミングベルトの破損でした。

DSC_0409-02.jpg

フロントバンパー、ラジエターなどの補類を取り外しエキゾーストマニホルド、タービンも取り外します。

DSC_0383-03.jpg

エンジンルーム内の構成部品も取り外します。

DSC_0391-04.jpg

タイミングベルトカバーが外れた画像です、残念ながらタイミングベルトがまるで引きちぎったように切れています

DSC_0432-05.jpg

引きちぎれたタイミングベルトの破損部分です、あまり見たくない状態です!

DSC_0435-06.jpg

ヘッドも外れ、エンジン内部の損傷状況の確認作業を致しました、やはりバルブは曲がりピストンヘッドをバルブが激しく叩いたブラックマークならぬクラッシュマークがクッキリ!

DSC_0450-07.jpg

ヘッドの損傷状況です、バルブは全滅、勿論ガイドなどの関連部分の損傷は免れません!

DSC_0454-08.jpg

幸いにもカムシャフトなどの部分は無事でした、この後、ヘッドは分解して各部の修復、バルブガイド等の交換入替、歪修正などを行い完全な修復作業を致します。


DSC_0451-09.jpg

エンジンブロック関連のチェックはこれから行います。
オイルパンを取り外し、ピストンを一旦取り出してコンロッドの曲がりチェック、ピストンのひずみチェックなどを精密に測定します。問題が無いようであればカーボン除去などの清掃して再使用いたします。勿論ピストンリングなどの交換は致します。

遅れを取り戻すべく早急に作業を進めていきますが、Quickだけの作業工程ではすまない部分もございますので、今しばらくのお時間が掛かりますのでご理解の程、宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/10/23(金) 22:07:16|
  2. LANCIA

2009/10/22【ALFA ROMEO 155 TS】
都内 T本様 エンジン修復作業中

T様ご入庫頂いておりますALFA ROMEO 155TSはエンジン修復作業に入っております!

DSC_0380-02.jpg

修復に必要な部品も確保できました!
バルグクラッシュ時に他の問題箇所が無いか入念にチェックしておりますが、幸い!問題箇所はございませんでした。

DSC_0354-01.jpg

シリンダーヘッドの修復も無事に終わりました。
新しいバルブを組み込みカムシャフトなどの部品を組み込んでクリアランス調整や取り付けたバランスをチェックいたします。

DSC_0414-04.jpg

インテークマニーホルドを取り付ければヘッドは完成です!後はエンジン本体(ブロック)と結合すれば完成です、これが一番、神経を使います。

DSC_0413-03.jpg

エンジンブロック側も取付準備完了です、明日にはヘッドと合体できる予定です!(問題がなければ)
お時間が掛かっておりますが、道半ばです、もうすぐ完成の喜びが味わえます?

頑張って作業を進めております今しばらくお待ち下さい、宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/10/22(木) 21:51:07|
  2. ALFA ROMEO

2009/10/22【LANCIA DELTA EVO-Ⅱリセットカー】
千葉県 M島様 DELTA リセット作業中!

LANCIA DELTA のリセット作業!ボディ-の修復作業を進めております。

DSC_0270-01.jpg

フロント回りは特にサビが気になりましたが綺麗に修復が進んでおります。フロントウインドウガラスも一旦取り外して錆の除去をしております。

DSC_0271-02.jpg

バンパー/各種サッシ類などは別途修復作業をしております、最後に一旦組み込んでバランスを見て調整いたします。

途中経過報告です、宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部 [2009/10/22【LANCIA DELTA EVO-Ⅱリセットカー】]の続きを読む
  1. 2009/10/22(木) 21:37:27|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2009/10/17【DELTA リセtットカー】
千葉県山武郡 I 藤様  ”リセットカー納車”



I 藤さま、大変お時間が掛かりましたが、本日Quick リセットカーをご納車させて頂きありがとうございました!
リセット作業途中では色々とご配慮頂き感謝しております、QuickとI 様とでの一体感で完成させた大切なDELTAです、完成車をご覧頂き感動も新たにして頂いたと思っております。

DSC_0274-001.jpg

今回の ”QUICK RESET DELTA”永年LANCIA DALTA と関わってきたQuickが、大勢の皆さんから要望があった事の実現です。”欲しかったあの頃の車”を今、手に入れたいしかし時は流れ憧れの車は年月の経過と共に色あせてしまい、憧れだった時の物とはあまりにもかけ離れていて、とても購入する自信も意欲もそそられなくなってしまう現実をどうにかしたい。

DSC_0278-01.jpg

率直に現実を見極めれば製造から既に15年も20年も経過している事実を絶対に避けて通れない。
裏返せば、どんな素晴らしい車輌であろうと、なかろうと、全ての車輌が時間的経年変化を免れる事が出来ない事も事実です。

DSC_0279-02.jpg

自分の夢の実現はある意味において時間との戦いかもしれません、描いた夢を現実の物としようとするとき限られた時間ではどうしても達成出来ない事も多々あります、そしていざ夢が実現の物としようとした時には時間切れで!!!そんな悲しい事もありました。.
気がつけば市場にある、憧れだったDELTAを良く良くみてみれば、20年の歳を何とか”厚化粧”で若造りさせた賞味期限切れの物ばかり、これでは100年の恋も一瞬にして醒めてしまいます!

DSC_0285-03.jpg

如何ですが、20年前の恋人にやっと巡りあえて!やっと自分も物にしたご感想は。
ご指示通り、ホイルは”OZのスーパーグランツーリスモ”そしてタイヤは”BSポテンザRE-11”の17インチを奢って着装致しました。シートは永年愛用してきたスパルコ製バケットシートに変更してまさに自分好みの恋人です。

DSC_0286-04.jpg

納車に関するご説明も一通り終えて、やっとリセットDELTAが自分の物になった瞬間です。
喜びも最高潮、ご帰宅に向けて車を走らせていかれる後ろ姿をQuick社員一同で、お見送りさせて頂きました。ありがとうございました、末永くご愛用いただきますよう、宜しくお願い致します。

Quick Trading  サービス部
  1. 2009/10/18(日) 16:56:11|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2009/10/14 【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ】
東京都 渋谷区 M沢様 エンジン修理開始しております!

夏休みの楽しいドライブが、突然のエンジンクラッシュでさぞかしビックリなさると同時に、永年お乗り頂いたDELTAが一体どうなってしまったのか不安に思われて事と思われます。
作業スタートまでに、大変お時間が掛かってしまいましたがご安心下さい、既にエンジン修理作業に掛からせて頂いておりますので、ご心配ありません、何事も無かったようになってお手元へご返却させて頂きます。


DSC_0129-01.jpg

エンジン故障の原因は予想通りタイミングベルト破損によるバルブクラッシュでした(涙!)

DSC_0132-02.jpg

昨年から定期チェック時には何度と無くタイミングベルトの交換をお勧めしておりましたが!!!!!
特に今年の点検でご入庫時には強く交換をお勧めしたのですが!!!もう少し強く(強引に)交換をお願いしていれば!!!誠に残念ながらエンジンが壊れてしまいました。

DSC_0126-03.jpg

タイミングベルトメンテナンスについて良くご質問をうけるのですが、一般的に純正のタイミングベルトを使用して、メーカーの施工時事通り作業をしている場合にはそう簡単にベルトの破損は起こりません!通常交換次期は距離で30.000km~35.000-又は3年以上経過した物は交換次期になります。
ただし、使用状況、前回ベルト交換作業の適正状態などが加味される事は言うまでもありません。

DSC_0123-04.jpg

今回は東名高速道路での高速走行時でのクラッシュでしたが運良くエンジンブロックなどには問題がありませんでした。ピストン、コンロッドに関しましてはクラッシュ時に頭をたたいておりますので、各部品単体でのチェックが必要となります、特にコンロッドなどはクラッシュ時の状態にもよりますが、曲がりが出てしまう場合も当然あります。

DSC_0115-05.jpg

バルブに関してご覧のように目測で変形が確認できるど程に変形していますので当然、全バルブ交換となり、バルブを支えているバルブガイドも交換となります。

DSC_0118-06.jpg

シリンダーヘッドは完全オーバーホールとなります。このほかにバルブシートのカット面を直しシリンダーブロックとの当たり面を研磨して完全に歪を取れば完成です!ここまでオーバーホールすれば新品のシリンダーヘッドと同じ、いやそれ以上になります。
バルブガイドはQuickが特注した物と完全交換致しますが、これは純正バルブガイドの材質が良くない為、バルブとガイドのクリアランスが拡大してエンジンOILの消費が激しくなってしまいまう事が永年の経験から解かりました、その対策をかねてオーバーホールすればノーマルよりも優れたシリンダーヘッドが出来上がるからです。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/10/14(水) 21:49:07|
  2. LANCIA

2009/10/09 【DELTA リセットカー】
千葉県山武郡 I藤様  DELTA リセットカー完成!

Quick リセットカーをご購入頂きありがとうございました

ご契約頂きましてから、車輌完成までお時間が掛かりましたが、やっと待望のLANCIA DELTA リセットカーが完成いたしました。
遠方にも関わらず進行状況をご確認に何度も来社頂きました、ご自身の車がどのようになっているかエンジン内部までご覧頂き、納得のいく仕上がりと思っております。

DSC_0135-01.jpg

Quickがめざす新しいかたちのユースドカーそれが”リセットカー”です!
中古車市場に流通している車輌とは一線を画しております。購入されるお客様と共に世界に一台だけの車に仕上げてお届けいたします。

DSC_0145-02.jpg

エンジンを初め足回りやミッションなど全てにわたりチェックいたしました。
新車よりも贅沢な扱いです、流れ作業で量産される車輌では無く、一台一台熟練されたメカニックが精魂こめて仕上げていく贅沢な車輌です!

DSC_0137-03.jpg

勿論 LANCIA DELTA を知り尽くしたQuickならではの繊細な部分への配慮も忘れません。

DSC_0152-04.jpg

リセットカーはご説明させて頂きました通り、車輌の登録を一度、抹消致します、そして新たにナンバーを再取得してホモローゲーションを通し車検を取得いたしました、これは単に車輌がリセットしたのでは無く、新しいオーナーになって頂くかたに対し、精神的にも車輌をリセットさせるという意味です。
こんな面倒な作業をする事は輸入車輌の場合、大変なリスクとコストが掛かるのですが、本当は一番大切なメンタル部分だと思っております!

DSC_0158-05.jpg

リセットカーはその車輌がそれまでの使用状況がどうであれ、全く関係ありません!
中古車市場でよく言われる前歴がどうのこうのは何も考慮する対象ではなく、リセットされた車両こそが全てです。
ですから、よく中古車販売店が言う、走行距離が短いから安心!ワンオーナーだから!!ディーラー車だから!良くメンテされているから!!O/Hしているから等は全く関係ありません。
どんなに素晴らしさを説明されてもエンジン内部を分解してピストンに付着したカーボンの状態まで見せてはくれません。購入者の方が納得した車輌をお考えなら、当然の結果だと思っております。
来週の登録作業、特別注文されましたOZホールの着装、永年愛用されてきたスパルコのシートを装着し週末にはご納車できるように最後の仕上げを致します。

いましばらくのご辛抱です宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部 [2009/10/09 【DELTA リセットカー】 ]の続きを読む
  1. 2009/10/09(金) 21:10:22|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

2009/10/07 【LANCIA DELTA EVO-Ⅱ】
大阪府吹田市 A藤様  LANCIA DELTA EVO-Ⅱ板金作業

エアコン修理でご入庫頂きましたLANCIA DELTA EVO-Ⅱですが、引き続きご指示頂きました板金作業を進めております。

画像2009_1001_101244AA-01

フロントガラスを取り外した状態です、問題のドライバー側、ガラス下部の腐食部分は、かなり腐りが進んでいて室内まで貫通していた部分もあり今回の修復作業は非常にタイムリーでした!

画像2009_1001_101256AA-02

ガラス回りのウエザーストリップ(ガラス固定用ゴム)を外すして周囲丁重に確認すると更に2箇所程、早急に修復する必要性のある部分がみつかりました。

画像2009_1001_101301AA-03

一箇所目は同じくD側のサイド部分です、まだ腐食が進行状況中のため、車内には貫通しておりませんでした。

画像2009_1001_101322AA-04

二箇所目はパセンジャー側のガラス下部、丁度水抜きの部分から腐食が始まっていて、放置すればかなり、早いスピードで腐ってしまいます。発見してよかったです。
やはり15年も経過している車体です、どんなに見える部分がピカピカしていても見えない内部は確実に経年劣化が起こっています。中古車両などを購入する場合に一番多いトラブルはこの見えない部分がおおきな問題になる事が多いようです!

画像2009_1001_113932AA05

腐食ぶぶんを全て取り除き、駄目なぶぶんを新たに制作して元通りのボディーコンデションに戻します。

画像2009_1001_134412AA-06

このように完全に成型しなおし特殊な溶接で一体化します。さすが”わたびき”さんの仕事です、よく気おつけなくてはいけないのは、この溶接できちっと修復する作業は熟練した板金作業の職人さんがいて始めて出来る処理です。
良く耳にする言葉です、”安くやりますから、この程度なら簡単に修復できます”など信じてはいけません、たかが?腐食部分の修復でもこんなに大変な作業になるのです。よくやる手抜き作業は溶接など熱を入れる事を極端に嫌いますので、一番簡単な修復パテを塗って仕上げてしまうやり方です。
しかしこの方法は肝心な腐食部分をきちっと修復しないので、時間経過と共にまた腐食部分が表面に出てきてしまうのです。
A藤さまご安心下さい、仕上がりはバッチリです。今週末のご出庫ですので、ご予定などお考え下さい、最終コストなどはメールにてお送りさせて頂きます。ご連絡お待ちしております。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/10/07(水) 18:03:29|
  2. LANCIA

2009/10/06【ALFA GTV3.0】
神奈川県伊勢原市 O田様 
プチリセット”ALFA GTV3.0L” 
ご購入ありがとうございます。

ご購入お決めいただきましたALFA GTV 3.0Lは早速メンテナンスに入っております。

DSC_0035-01.jpg

ショールームにて現車をご確認頂き、ご説明させて頂きました通り、現状の状態でもかなり素晴らしい状態と思っておりますが!!一番肝心なのは外見のピカピカさや内装やエンジンルームを異常に磨き上げたものではありません。
みてくれの綺麗さなどは、実際に走り始めれば動力性能や安全基準には何の効果もありません
肝心なのは”見えない部分にどれだけコストをかけるか”がイタリア車を快適にお乗り頂けるかの本当の基準です”QuickのリセールカーはQuick独自の基準に照らし合わせ必要な整備を状況判断し施工させて頂きご購入後の信頼と安心につなげます。

DSC_003902.jpg

エンジン部分は勿論の事、足回りなど走る、曲がる、止まるの要素を完全に整備いたします。

DSC_005004.jpg

リヤブレーキシステムです、ローターは正確にフラットを出す為に研磨イします、ブレーキパッドは新品を着装いたしました。

DSC_0051-06.jpg

フロントブレーキシステムも同様にローターはフラット研磨、ブレーキパッドは何の惜しげもなく新品を更にブレーキホースも4輪に新品を着装致しました、製品の品質も重要です、ブレーキホースはステンレスメッシュホースで耐久性、使用感(ブレーキタッチ)も抜群です。

DSC_005207.jpg

新品の輸入品パッドを着装致しました。
更にタイミングベルトなどのエンジン部分のリセットを行います、作業は来週になりますので、宜しくお願い致します。
大切なお車を良いコンディションにするようスタッフ一同頑張っておりますが!!いずれの作業も手仕事です、出来ます能力に限界がございます為、若干のお時間にずれが生じる場合もございます、大変、ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部


DSC_011206.jpg
2009/10/06【ALFA GTV3.0】 続編

エンジン関連の整備作業に入っています。
タイミングベルト当然交換です、予算的には入れて無かったのですが?ここまで分解してくるとウオーターポンプも交換したくなるのがメカニック魂です。(会社的には困ったものですが!)
何とか社内でOKをもらい交換致しました。
納車後にポンプから水漏れなんて!!自分の仕上げた車には起こって欲しくないですから!!

DSC_010902.jpg

よく質問されるタイミングベルトの交換についてですが、簡単にご説明させて頂きますと。

DSC_0108-01.jpg

メーカーのマニアル通りの作業を行うと!このように大変な作業となります。
それは、可変バルブタイミングのカムシャフトを使用したエンジンの為、正確にバルブタイミングを合わせるにはどうしても、いや絶対に各カムシャフトを露出させる必要があります。

DSC_011004.jpg

したがってカムシャフトを露出させるには、インレットマニーホルドから全てヘッド上部に取り付けられたパーツを一旦取り外す必要が生じてきます。
仮に、整備上プラグ交換をしようとしてもリヤバンク(後ろ側のエンジンヘッ)側のプラグ交換するだけで
インレットマニーホルドは取り外さないと交換出来ない構造になっています。
ここが?イタリア車の素晴らしい??所です。
すこし脱線しましたが!要するにタイミングベルトを交換するにはヘッドのカムホルダーのガスケット(フロント&リヤバンク)やインレットマニホルドのガスケットなどが請求に上がってこなければならないのです。

DSC_0111-05.jpg

カムシャフトの位置が4本正確に出ていないタイミングベルト交換など、考えただけでも恐ろしいですね
勿論、このような大掛かりな作業をすればエンジンのセッテイィングは調整する必要性は当然ですがこれもALFA ROMEO 専用コンピュターテスターが必要になります。

O田さま、頑張って納車整備をしておりますのでもう少しお時間を頂戴いたします。
PS:更に問題では無い問題?が起こっております、今の状態でも問題は無いのですが!担当メカニックと致しましては、クラッチの寿命が気になっております。

中古車と割り切って販売されている車輌ならば当然この状態で何の問題も無く販売してしまうのでしょうが!!!Y口先生のご紹介でもございますので、只の中古車ではなくリセット車となるようにとの思いで何とかクラッチO/Hをしたいと思って会社と交渉しております。
   *整備代にいくら掛けるのかと怒られております、もう直ぐ車輌代以上になってしまうと(笑い)
頑張ります、宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/10/06(火) 21:27:34|
  2. ALFA ROMEO

2010/10/04【マセラッティ ギブリ】
埼玉県 南埼玉郡 Y本様 
”マセラッティ ギブリ”エンジン不動の原因調査開始!


ご入庫頂きましたマセラッティ ギブリのエンジン不動の原因調査を開始いたしました、主たる第一原因は燃料がエンジンに送られてこない為掛からない事は突き止めました。
エマージェンシー状態で燃料ポンプを強制始動させて、エンジンをスタートさせれる事に成功いたしました。

DSC_0067-04.jpg

この結果エンジンその物のトラブルは無い事が判明してスタッフ一同一安心いたしました!が、、、
ポンプをコントロールしております、電源関連を一つ一つ調べなくてはならないのです。
結構、大変な仕事量となりますので!!!

DSC_0078-05.jpg

本日はここまでの作業とさせて頂きました、来週に持ち越しさせて頂きます、ご理解の程よろしくお願い致します。

Quick Trading サービス 部
  1. 2009/10/04(日) 20:52:28|
  2. MASERATI

2009/10/06【ALFA GTV3.0】
神奈川県伊勢原市 O田様 
プチリセット”ALFA GTV3.0L” 
ご購入ありがとうございます。

ご購入お決めいただきましたALFA GTV 3.0Lは早速メンテナンスに入っております。

DSC_0035-01.jpg

ショールームにて現車をご確認頂き、ご説明させて頂きました通り、現状の状態でもかなり素晴らしい状態と思っておりますが!!一番肝心なのは外見のピカピカさや内装やエンジンルームを異常に磨き上げたものではありません。
みてくれの綺麗さなどは、実際に走り始めれば動力性能や安全基準には何の効果もありません
肝心なのは”見えない部分にどれだけコストをかけるか”がイタリア車を快適にお乗り頂けるかの本当の基準です”QuickのリセールカーはQuick独自の基準に照らし合わせ必要な整備を状況判断し施工させて頂きご購入後の信頼と安心につなげます。

DSC_003902.jpg

エンジン部分は勿論の事、足回りなど走る、曲がる、止まるの要素を完全に整備いたします。

DSC_005004.jpg

リヤブレーキシステムです、ローターは正確にフラットを出す為に研磨イします、ブレーキパッドは新品を着装いたしました。

DSC_0051-06.jpg

フロントブレーキシステムも同様にローターはフラット研磨、ブレーキパッドは何の惜しげもなく新品を更にブレーキホースも4輪に新品を着装致しました、製品の品質も重要です、ブレーキホースはステンレスメッシュホースで耐久性、使用感(ブレーキタッチ)も抜群です。

DSC_005207.jpg

新品の輸入品パッドを着装致しました。
更にタイミングベルトなどのエンジン部分のリセットを行います、作業は来週になりますので、宜しくお願い致します。
大切なお車を良いコンディションにするようスタッフ一同頑張っておりますが!!いずれの作業も手仕事です、出来ます能力に限界がございます為、若干のお時間にずれが生じる場合もございます、大変、ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部 [2009/10/06【ALFA GTV3.0】 ]の続きを読む
  1. 2009/10/04(日) 20:51:00|
  2. ALFA ROMEO

2009/10/04【DELTAメンテナンス】
埼玉県 S木様 DELTAメンテナンス

LANCIA DELTA EVO-Ⅱでご入庫いただいておりますS木様お時間が掛かっておりましたが、車輌のメンテ終了致しました。

DSC_0061-03.jpg

今回の車検整備関しましては特別問題になるような事項はございません、通常通りのメンテナンスを実施させて頂きました。
Quickでリセールカーをご紹介させて頂き早”8年”以上が経過致しましたが特段の故障も無く快適にお乗り頂いており、スタッフ一同嬉しく思ってております。
これも日ごろから申しあげております、計画整備を実施させて頂いているからだと、自負しております。
故障などで、とかく評判の悪いDELTAですが、これは車輌の問題ではなくメンテを含めた維持管理の方法をしっかりさせれば何の問題も無いという事の表れと思っております。

DSC_0059-02.jpg

今回はご入庫時ののディスカッションで実施を以来されましたタイミングベルト及びウオーターポンプの 交換も同時に施工させて頂き、無事に終了致しました。

DSC_0058-01.jpg

これでまた2年間安心してお乗り頂けます、ご出庫はOKでございます、ご連絡お待ちしております。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/10/04(日) 20:38:22|
  2. LANCIA

2009/10/04【DELTAメンテナンス】
都内 N西様 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ

緊急入庫頂きましたLANCIA DELTA EVO-Ⅱですが、パワーステアリングの不良原因を調査いたしました。

DSC_006806.jpg

心配しておりました、パワステアリング本体であるラック&ピニオンASSYは問題が無くてホット致しました。
現在パワステアリングのラック本体はメーカー生産中止になってしまった為、新品部品は入手が困難な状況です。一旦腐食などでOIL漏れを起こしたラックは再使用は出来なくなります。
ラックASSYは、数年前でLANCIAl社からの供給があった時代でも30万以上する高価なパーツなので
壊れて欲しくない部品ですが製造から既に20年近く経っているDELTAは全ての車輌がいずれメンテしなければならない部品の一つです中古車などは特に注意が必要です。
定期的なパワーステOILの交換やメンテナンスがかかせません。

DSC_0071-07.jpg

パワステアリングラックはエンジン&ミッションの裏側に位置しボディとのクリアランスが全く無い場所に設置されています。
サービスで点検などは至難の業となりますので、どうしてもDELTAに精通しているメカニックではないとOIL漏れなど見逃しやすい部分です。

DSC_0075-08.jpg

今回のOIL漏れはステアリングラックにOILを供給しているホースが経年変化により破損し油圧が掛かっている部分ななので、大量のOILを撒き散らす結果となりましたが、問題なく修復いたしました。
今回の使用したホースは純正より強化されたステレスメッシュタイプを使用致しましたので耐久性にも向上に安心してお使いになれます。
来週の週初めでご出庫可能です、宜しくお願い致します。

Quick Trading サービス部
  1. 2009/10/04(日) 18:50:02|
  2. LANCIA




| ホーム |