QUICK TRADING/Factory News

2009/09/01【LANCIA DELTA 16V】
静岡県三島市 H江様 LANCIA DELTA 16Vリセット開始致しました!
H 江様、遠路からご入庫いただきありがとうございます。
先日はわざわざ東京まで起こしいただき、お手数をおかけいたしました。基本的にQuickでは大きな作業をお受けする場合には、大変恐縮ではございますが、お客様と直接お話をさせていただく事が前提となっております。
長いお時間とコストが掛かる大規模なリセット作業ではやはりお客様との信頼関係を構築させて頂いた後に、作業を開始させる基本的は方針です。
大変恐縮ではございますが、ご理解いただきましておりがとうございます。
頑張ってリセット作業を進めさせて頂きますのでよろしくお願い致します。


DSC_0029.jpg

エンジン&ミッション系統からリセットをスタートさせました。

IMG_37888.jpg

付属部品を取り外して内部の状況を点検しながらリセット計画を立案いたしました。

DSC_00300.jpg

エキゾースト関連のパーツを取り外た状態の下周りです、オイル漏れが激しく状態は悪いです。

IMG_37866.jpg

ミッションを取り外した状態です。やはりオイル漏れが激しい状況と同時にエンジンブロックのプラグ
(めくらぶた)からからも腐食によって水が滲んできています。

IMG_37822.jpg

フライオイールには無数のヒビ割れがあり永年の使用による経年変化で磨耗がおおきくなっております。

IMG_37833.jpg

クラッチディスクはディスク残量ゼロ(溝が無い状態)で交換時期を既に過ぎておりました。

本日までの状況のご報告でございます。
7月にご入庫頂きまして、作業に手間取っております、申し訳ございません!夏休みの夏期休暇もあり、工場がパンク状態の為、ご迷惑をおかけしておりますがスタッフ一同、寝ずに???がんばりますのでご理解の程宜しくお願い致します。
作業状況は進行状態に応じてリンクUPさせて頂きます、よろしくお願い致します。

Quick Trading サービス部

  1. 2009/08/29(土) 16:36:42|
  2. LANCIA DELTAリセットカー

LANCIA DELTA ジアラ!
東京都”E本様”作業は進んでおります。
ご入庫頂いておりますLANCIA DELTA EVO-Ⅱエンジン&クラッチ不調、原因調査が終了し修理作業を進めております。

DSC_000444.jpg


フロントバンク側カムシャフトに取り付けられている”ピックアップセンサー”が第一原因でした、センサー本体アセンブリーで脱着して交換致しました、当然LANCIA専用コンピュターテスターを車両コンピュターに接続しエンジンリセット及びデーター補正した所、正常値に戻りエンジンが正常な状態になりました。

DSC_000333.jpg


ピックアップセンサーはアルミダイキャストのベースに組み込まれて一体化されたセンサーです。


クラッチ作動不良修理!


DSC_00366.jpg


クラッチ作動不良はクラッチマスターシリンダーの経年劣化によるオイル漏れで油圧が正常に掛からずクラッチが正常動作しませんでした。
クラッチマスターシリンダーは当然ですが同年代で使用されているレリーズシリンダー及びパルセーションダンパー/ホースも一度にお打ち合わせ通り交換致します。

DSC_00433.jpg

クラッチマスターシリンダーが劣化している事は当然同等に使用しているレリーズシリンダーも劣化しているとQuickでは考え同時に交換してこのクラッチ系統に関して同様の故障が起きないよう配慮する事がお客様にとって一番良い選択と思ってお勧めしております。

DSC_00444.jpg

クラッチマスターシリンダー及びクラッチレリーズシリンダーを交換する事は結構大変な作業となります。エンジンルーム上部を覆っている補機類を全て一旦取り外す必要があるからです。

今週中のご出庫を目指して頑張っております。

Quick Trading サービス部 
  1. 2009/08/25(火) 20:52:19|
  2. LANCIA

S原様やっと完成です!
ALFA 147 QUICK SP完成!

S原さま、6ヶ月間も掛かってしまいましたが、究極のTS(ツインスパーク)エンジンが鼓動を開始しました。アイドリング時でも全く振動が感じられない程の究極バランスのエンジンです。きっとご満足頂ける事と思っております。DSC_001501.jpg


ピストンは究極のバランスでピストン中心部分を一点で支えると、まるで”やじろべい”のように前後左右360度のバランスを保ちます。
勿論ピストン自体の軽量化も十分に配慮した設計です、さー究極のレッドゾーンは9000rpmか110000rpmかセッティングとパワーチェックが楽しみです!

DSC_005101.jpg


コンロッドも大胆に形状を変更し軽量化バランスを最新の注意をはらって施工いたしました。
もうすぐです。
エンジンセッティング&テスト走行を終えて週末には出庫でくる予定です。
スタッフ一同お待ちしとります。


DSC_003601.jpg


Quick Tradingサービス部
  1. 2009/08/20(木) 22:19:58|
  2. ALFA ROMEO




| ホーム |