FC2ブログ


QUICK TRADING/Factory News

2018-10-04 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ
群馬県 A様 LANCIA DELTA EVO-Ⅱ CORSA-9

いつもメンテナンスにご入庫頂き有難う御座います。
今回は車検にてご入庫頂きました。

P9280066.jpg

大きな不具合は無いものの、クラッチレリーズシリンダーよりオイル漏れが確認できた為、交換させて頂きました。
その他定期交換部品等を交換させて頂き、車検整備の方は全て完了し、残りは追加にて御用命頂きましたドライブレコーダーの取付けにて作業完了になりますので、完成まで今しばらくお待ちください。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2018/10/04(木) 19:12:11|
  2. LANCIA

2018-05-26 LANCIA PRISMA
東京都 S様 LANCIA PRISMA Integrale

タイミングベルト交換にてご入庫頂きました。

DSC_7365.jpg

S様のお車のメンテナンスは今回初めてになりますので、タイミングベルト交換以外にも全体を把握しながら作業の方を進めさせて頂きます。
早速作業開始しタイミングベルトカバーを取り外し、ベルトを交換する為バルブタイミングを点検した所、最初の問題が発生している事が判明しました。。。。

DSC_7350.jpg

DSC_7341.jpg

タイミングベルトが、あと一歩の所で破断寸前でした。このタイミングで発見できた事は幸運で本当にラッキーだと思います。
ただし、ベルトは縦方向に裂かれ正常のベルト幅から2/3程になっており、正常な張りに耐えられない為、インテーク側のバルタイがコマ飛びを起こしており、更にコマ飛びが進むとバルブクラッシュ(破損)を起こしエンジンが壊れてしまう寸前でした。

DSC_7345.jpg

ウオーターポンプも経年劣化で既に寿命がきていました。
S様からの情報では4年位前にタイミングベルト関連の整備は行っていて整備施工後の走行距離は、10.000~15.000km程度と伺っておりました。サーキット走行などの極限状態などの使用は別となりますが、一般的な走行状況では、このようなベルト破損は正常なメンテナンス作業を行っていれば、いくら“壊れやすい?イタリア車”と言えども考えにくい事です。
実際タイミングベルトを駆動しているクランクシャフトのプーリー付近はスラッジやOILにまみれたダストがベッタリ付着しており前回の整備時にきちっとした清掃がなされていなかったようで、せっかく新品のベルトを着装しても直ぐに問題が出そうな状況でした。今回は勿論綺麗に洗浄して余計なリスクを少しでも軽減致します。
又、今回のタイミングベルトの損傷に関します原因をしっかり調査して同じ状況にならないようメンテナンスを進めさせて頂きますので完成まで今しばらくお待ちください。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2018/05/26(土) 17:14:15|
  2. LANCIA

2018-05-23 LANCIA DELTA EVO-Ⅰ
東京都 I様 LANCIA DELTA EVO-Ⅰ

12ヶ月点検にてご入庫頂きましたI様のEVO-Ⅰですが、事前の打ち合わせ通りB/Kマスターシリンダー交換、スプリング交換等に加え、最近オイル漏れにてよく見られるディスビのオイルシールを交換させて頂きました。

P4280425.jpg

P4280428.jpg

スプリングは最近弊社オススメのコルソマルケさんのハイレートスプリングに交換させて頂きました。
また、追加にて17インチ化もさせて頂き、OZのRallyRacingにNEOVAの組合せにて取付けいたしました。

P5230459.jpg

最後にアライメントを調整し作業は完了いたしました。
お引き取りのご来店お待ちしております。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2018/05/23(水) 12:00:12|
  2. LANCIA

2018-05-02 LANCIA DELTA1 EVO-Ⅱ
25年も前に生産されてLANCIA DELTA EVO-Ⅱ 

この車を求めて長い時間が過ぎました。いつの日か自分で所有したいと思っていても、なかなか自分の思い通りのDELTAには巡り合えず時間ばかりが経ってしまい、諦めかけた時に人生の転機があったそうです。。。

一時は生命の危険させも覚悟した状況で奇跡的に、この難局を乗り越えた時に思った事は、時間は無限に無い永年の思いは実現させなければ直ぐに時間が流れ去って後悔する事になってしまう。。。。DSC_7300.jpg

幸運の女神(サソリ?)は。Quickでほほ笑んでいました?

DSC_7311.jpg
DSC_7302.jpg
DSC_7303.jpg
DSC_7305.jpg
DSC_7309.jpg

Quickが25年前に新車で販売した車両です。定期点検などのメンテナンスは一度も怠らず、必要なメンテは全て行い、大事に大事にお乗り頂いたワンオーナーカー、しかも走行距離が20.000km以下の素晴らしいDELTAとの巡り合いでした!本当にラッキーな方はいるんです!。。。
DSC_7307.jpg

更に初期化して本日お引渡しさせて頂きました。末永く可愛がって頂きますよう宜しくお願いいたします!

QUICK TRADING 
  1. 2018/05/02(水) 19:22:52|
  2. LANCIA

2018-03-07 LANCIA DELTA16V
東京都 K様 LANCIA DELTA 16V

車検にてご入庫頂きました。
K様のLANCIA DELTA 16Vは走行距離が何と20、000kmに入ったばかりのローマイレージ車両なのです。
しかしながら過去のメンテナンスが必要最低限と言った感じのメンテナンスだった為、今回は今後の事を考え、多少のボリューム感の有る車検整備内容にさせて頂きました。

P3040364.jpg

P3040363.jpg

今回は通常の車検整備に加え、長期間(7年間)交換されていなかったタイミングベルト廻りを交換しオリジナルのままだったエンジン後方のウォーターホースを対策用のステンレス製の物に交換させて頂きました。

P3030349.jpg

P3030360.jpg

P3030350.jpg

数年前、K様のお車が初めて入庫した時から指摘させて頂いていたスローリークの見られたラジエターはサイドタンク部分の合わせ目からのLLC漏れが限界になり漏れが酷くなっていましたので、高性能オールアルミラジエターに交換させて頂きました。
併せてラジエターファンS/Wやレジスターを交換し、レジスターの端子部分は接触不良がなるべく発生しないように対策させて頂きました。

P3060365.jpg

P3060367.jpg

その他エンジン廻りでは破損の見られたエアバルブホースの交換や劣化の激しいエンジンマウント廻りの交換、オイル漏れがみられたカムカバーG/Kやディスビシャフトシールの交換をさせて頂きました。

P3030346.jpg

P3030347.jpg

ブレーキ廻りもフロントローターにかなりの段付きが確認出来ましたので、Quickでは積極的にお勧めしておりますTAROX(タロックス)社製の高性能フロントローター&パットに交換致しました。

P3030359.jpg

P3030358.jpg

足廻りに関しても経年劣化の為交換をお勧めしておりました前後のブッシュ交換をさせて頂き、アライメントも4輪コンピュターアラメントテスターによる精密な調整をさせて頂きました。
製造から既に30年近く経っている車両です、今後の事も考えて更なるメンテナンスのご提案もさせて頂きたくっておりますので宜しくお願い致します。

クイックトレーディング サービス部


  1. 2018/03/07(水) 20:46:55|
  2. LANCIA

2018-02-14 LANCIA DELTA EVO-Ⅰ
東京都 Y様 LANCIA DELTA EVO-Ⅰ

クラッチ交換と足廻りの交換にてご入庫頂きました。

P1280318.jpg

クラッチ交換は通常通りクラッチSETの他にオイルパンのG/Kやバランスシャフトカバー、リヤクランクシール類も同時に交換になります。

P2140332.jpg

P2130329.jpg

足廻りについてはオーバーホール済みのKONI SPORTSにハイレートスプリングの組み合わせで交換させて頂きました。
弊社では初めて使用したサスペンンションンでしたが、好感触なフィーリングでした
その他タイヤもお持ち込み頂いた16inchホイールにRE-71Rの組み合わせで交換させて頂きました。
作業の方は全て完了致しておりますので、お引き取りのご来店お待ちしております。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2018/02/14(水) 16:54:54|
  2. LANCIA

2018-01-20 LANCIA DELTA V6
山口県 H様 LANCIA DELTA MARTINI6

この度は弊社よりMARTINI6のご契約いただき有難う御座います。
現在納車整備作業も大分終盤に差し掛かっております。

今回の車両は前オーナー様に弊社にて新車販売させて頂きましたが、その後のメンテンナンスは遠方と言う事もあり弊社での管理車両では無く、10万キロ超で過去の整備記録簿も確認出来無かった為、全体の状態を把握してからの整備作業になりましたが、作業を進めていく内にブログでは書ききれない位、色々問題が出て来てしまいました。

P1060282.jpg

P1130303.jpg

P1130304.jpg

P1060290.jpg

P1130306.jpg

まず入庫時からとにかくエンジンの始動性が悪い/アイドリングも落ち着かない(ミスファイヤ気味)/加速に引っ掛かりが有る等、エンジン廻りに色々と問題が確認出来ました。
主な原因は5つの画像になります。
まずタイミングベルト交換がてらバルブタイミングを点検した所、クランク側を合わせるとカム側の位置が画像の通りIN&EX共に2コマずれているのが確認出来ました。。。
幸い各シリンダー共コンプレッションを確認した所、問題が無かった為ヘッドオーバーホールは免れました。
次にブーストが掛かり始めると引っ掛かりが出てしまい気持ち良い加速が出来なかった原因は、2個付いているマップセンサーのプライマリー側で上手く切替が出来ず、その時に引っ掛かりが出ていました。
センサーはプライマリ側と、大事をとってセカンダリ側も併せて交換させて頂きました。
ミスファイヤ気味の原因はディスキャップ/ローター共新しい部品が付いていましたが内部はオイルがかなり付着していたためシャフトシールを確認した所、シールの弾力性は全く無くなっておりプラスチックの様になっていた為、シャフト部分のオイルシールを交換させて頂きました。
また10万キロ超えの車両ですので、インジェクターもO/H(各シリンダーバラツキ調整済)のしたパーツに交換しました。
また、テスターで各センサー類を確認した所、吸気温センサーの不良も確認できた為センサーを交換しました。
その他、納車整備では必ず交換するECU用の水温センサーも併せて交換しました。

P1060288.jpg
*修理後

弊社では今回の様に遭遇したら必ず修正しますが、他店作業の車両で結構よく見られるのがこの画像の部分になり、これはトルクロットを連結させるブロックをエンジンヘッドに3本のボルトで取り付けする部分のヘッド側の部分ですが、タイミングベルト交換時必ずこのブロックを取り外しますが、恐らく取付け時にネジ山を潰してしまい、その部分を修正せず、そのままになっている車両を結構な確率で遭遇します。
そのままの使用ですと3本の内、実質2本のボルトでしか固定されておらず、最悪その2本もエンジンの振動等でボルトが緩んできてしまう事が有ります。(今回の車両も固定されていた2本の内1本は緩んでおり実際は1本のボルトでのみ固定されていました)

P1110302.jpg

また水漏れを起こしていたラジエーターも交換し、ここ数年弊社でよく有るファンS/Wトラブルの予防としてS/W、ファンレジスターも同時の交換致しました。
その他、エンジンマウント関係やラジエターホース、エンジンルーム内の各バキュームホース、プラグやエアクリーナ等の消耗部品等まだまだ書ききれない位の部品交換や対策作業等させて頂きました。

P1070298.jpg

またクラッチレリーズのマウント取付け部部にも破損が見られた為、弊社ストック品に交換し漏れの見られたシリンダーも同時交換致しました。

PC270279.jpg

PC270280.jpg

足廻り関係では、破損の見られたドライブシャフトブーツの交換や、ガタが有り異音が出ていたロアボールジョイント、スタビエンドリンク、摩耗のの有ったタイヤや前後ブレーキローター&パット等交換させて頂きました。
それ以外にも燃料ポンプや、未対策だったタンクブリーダー部分等交換させて頂きました。

これ以外にも細々と問題が発覚し、当初の予定より大分予定が遅れてしまいましたが、細かい部分の調整や対策、遠方納車の為通常より入念な最終ロードテスト等あと少し作業は残っていますが、今月一杯での完成を目指しておりますので、今しばらくお待ちいただきますよう宜しくお願い致します。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2018/01/20(土) 18:47:47|
  2. LANCIA




| ホーム | 次のページ