QUICK TRADING/Factory News

2017-11-15 ALFA ROMEO 4C COUPE
東京都 Y様 ALFA ROMEO 4C COUPE

PB150245.jpg

先日の4Cの作業の続きになります。
最後はバイキセノン仕様へのヘットライト交換になります。
先日のブログでご報告した通りバイLED仕様とはコネクター類の互換性は有りませんので、配線図を確認しながら一から配線を引き直しになります。
国内仕様の4CSPIDERの配線図が有れば一番良いのですが、4CSPIDER用のライト部分の配線図と言うのは今現在無く、4Cのバイキセノン仕様の配線図(恐らく本国仕様?)を確認しながらの作業になりますが、配線図通りに結線しても実際は有る部分が点灯せず、結線を変更し点灯しましたが今度は点灯状態が安定しないなど、この部分で少し悩みましたが解決し無事完了しました。
最後に光軸調整を行い、今回予定していた作業は全て終了しました。

今週末のお引渡し予定になっておりますのでスタッフ一同お待ちしております。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2017/11/15(水) 18:37:06|
  2. ALFA ROMEO

2017-11-07 ALFA ROMEO 4C COUPE
東京都 Y様 ALFA ROMEO 4C COUPE

お久しぶりのブログです。。。

新規にてご入庫頂きました4Cになります。
今回Y様のお車の作業内容としては大まかに電装廻りとブレーキ廻りのアップグレードになります。
ブレーキ廻りの作業については、フィーリングが今一つ納得できないとの事で今回、パット&ローターをTAROX製の物に変更し、併せてブレーキホースもGOOD RIDGE製のステンメッシュホースに変更致します。

PA250227.jpg

PA250228.jpg

PB010233.jpg

PB010234.jpg

4CのTAROXローターに関しましては通常のG88の設定は無くF2000とSPORT JAPANのみの設定になりますが、SPORT JAPANはフロントのみの設定になり、穴開きとスリットのコンビのローターになりますが、弊社では基本的に穴開きローターは推奨していませんので前後共設定の有るF2000を取付けいたしました。
ブレーキホースに関しましては通常のステンメッシュホースでホースカバーは少し見えずらいですがカーボンタイプのカバーでオーダー致しました。
またリヤにASSO製のスペーサーを取付け、ホイールのクリップボルトもホイールの色と併せてブラックタイプへ変更しました。

ブレーキ廻りの作業は終了し、電装系の作業に入ります。
電装系の作業としては、リヤカメラとバックカメラの取付けと、ヘットライトの交換になります。

PA270231.jpg

PA270230.jpg

PA270232.jpg

PB070236.jpg

PB070235.jpg

PB070237.jpg

リヤカメラについては後ろの視界が悪い為、常時真後ろが見える物で、その映像をナビではなくルームミラーに映したいとの要望でしたので、当初既存のミラーに被せるタイプのミラーモニターも考えましたが、室内がタイトな4Cにはどうしても似合わないと判断しましたので、Y様が当初より考えていた日産のスマートルームミラーを取り付けることにしました。
スマートルームミラーKITを入手するのに若干手こずりましたが無事入手出来、取付け自体はカメラステーのみ加工は必要ですが違和感なく取付け出来たと思います。
またそれとは別にバックカメラについては、いつものコンパクトなユニバーサルボールカメラを取付けし、バックカメラの映像は通常通りナビに映し出すように取付けいたしました。

PB070239.jpg

現在は最後の大物、ヘットライトの交換に入っております。
通常国内の4C COUPEではデザインが賛否両論のバイLED仕様ですが、これを国内ではSPIDERに取り付けられているバイキセノン仕様へ変更致します。個人的にもバイキセノンのライトの方が好きです。。。
ただし、ライト自体はポン付けですが配線からコネクターまで全く互換性は無く、一から配線を引き直しですので、配線図とにらめっこしながらの作業になります。
他の作業も並行しながらの作業になってしまい当初より若干の遅れが出ていますが、残りの作業自体はヘットライト交換のみですので完成まで今しばらくお待ち下さい。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2017/11/07(火) 20:49:08|
  2. ALFA ROMEO

OZ RallyRacing
OZ RallyRacing展示中!

復活したRallyRacingですが先日入荷し、高島平ショールーム内にて展示しております。

P9270223.jpg

こちらの展示しているホイールは既に売約済みになっておりますが、オーナー様のご厚意により10月上旬まで弊社にて展示しておりますので、気になる方は是非ご来店ください!

クイックトレーディング サービス部
  1. 2017/09/27(水) 18:25:58|
  2. その他お知らせ

2017-09-13 LANCIA DELTA V6
LANCIA DELTA MARTINI V6

先日掲載させて頂いた超レアモデルMARTINI V6の販売車両が明日より高島平ショールーム内に展示させて頂きます。

P9130196.jpg

P9130195.jpg

P9130206.jpg

P9130199.jpg

前人未到のWRC6連覇を記念して310台製作されたモデルで、日本国内には正規輸入はされておらず、当時国内では唯一弊社が約10台程正式にLANCIA社より輸入販売させて頂きました。
今回の販売車両もその1台になります。
V6のエンジンはベースのEVO-Ⅰの210psよりコンピューターの変更によりプラス20PSの230PSになります。

P9130193.jpg

P9130194.jpg

ターボパイプはQUICKオリジナルのターボパイプSETに変更されております。
またA/CはR134a使用にコンバートされており、コンデンサーもアルミ製へ変更されています。

P9130198.jpg
*インタークーラー冷却用ウォータースプレーノズル

P9130202.jpg
*ウォッシャータンクに追加されたウォータースプレーポンプ(右端)

弊社以外でも数台程、他業者様にてV6は輸入されている様ですが、弊社で輸入された車両を見分けるポイントが写真に有るパワーアップによるデトネーション対策で取り付けられた、インタークーラー冷却用のウォータースプレーが全車両に取り付けられており、これは弊社で取り付けられたものではなく当時V6の作製も手掛けていたランチアスクーデリアコルセ(アバルト)のファクトリー内にて取り付けられています。

P9130215.jpg

P9130211.jpg

P9130212.jpg

P9130213.jpg

P9130204.jpg

P9130205.jpg

P9130203.jpg

P9130214.jpg

室内はステアリングのsparcoディープコーンタイプはノンオリジナル、シートはV6の特徴でもあるブルーのアルカンタラにレッドステッチの組み合わせになります。
リヤシートは綺麗な状態をキープしていますが、フロントシートに関しましては2脚共アルカンタラのウィークポイントでも有る破れや劣化部分が有りますので要相談になります。
またルーフライニングに関しては今の現状では垂れは御座いません。

P9130201.jpg

リヤストラットタワーバーはQUICKオリジナルタワーバーになります。

P9130200.jpg

リヤマフラーもQUICKオリジナルマフラーへ変更されています。

P9130210.jpg

P9130209.jpg

走行距離117,530km
シリアルNo144

P9130219.jpg

P9130218.jpg

P9130217.jpg

外観の特徴でもあるMARTINIのストライプですが、オリジナルのままですので経年劣化による細かいヒビ割れや剝れ等が所々見受けられます。またサイドとフロントバンパーに貼り付けられているWORLD RALLY CHAMPIONステッカーは剝れてしまい貼り付けされていません。
外装のステッカーの部分は貼り直し可能ですのでこの部分も要相談とさせて頂きます。
また一部ボディーの錆も見受けられますのでこちらも要相談とさせて頂きます。

車両基本データー
年式    1993
距離    117,530km
排気量   1995cc
車検    無し/2年取得渡し
シリアルNo,144
ワンオーナー/LHD/5MT
A/C,P/S,P/W
QUICKオリジナルスポーツマフラー/QUICKオリジナルターボパイプSET/QUICKオリジナルリヤストラットタワーバー
elephantウレタンブッシュ(F&R)/KONIスポーツサスペンション&アイバッハスプリング/R134a&アルミコンデンサー

PRICE ¥ASK
*消費税/納車整備費用/登録諸費用は別になります。

ThankYou SOLD OUT

機関類は基本的に悪くは御座いませんが、乗り出しに当たりタイミングベルトやタイヤ等消耗品や定期交換部品の交換は必要になります。
その辺りも含めて全体的に初めに何処まで仕上げるか等のご相談をさせて頂きます。
また前回のブログにも掲載させて頂きました通り、今回の車両販売に関しての幾つかの簡単な諸条件を設けさせて頂いております。販売諸条件は下記の通りとなりますので宜しくお願いいたします。

①  投機目的やでのご購入はご遠慮申し上げております
②  6検/12検及び車検等のメンテナンスは出来るだけ弊社へご入庫のお願い
③  オリジナルが損なわれる様な過度なチューニングやカスタムはせずに貴重なLANCIAの文化遺産としての価値をご理解頂けるようお願いできる方

CLUB ITALIAやCLUB HiFiはLANCIAにとって希少な車両だと考えられます。LANCIA DELTA MARTINI V6 はそれに次ぐ希少な車輛には間違いなにのですが、更にWRC世界選手権ラリーにおける年間メーカータイトル6連勝という前人未踏を達成した記念すべ車限定生産された特別なモデルと考えれば、ご納得いただけると思っております。販売させて頂くにあたり諸条件など設けさせて頂く事は、ご批判もございますが今回のMARTINI V6に関しましては、発売当時から30年以上に渡りLANCIA DELTAにかかわらせて頂いた一員と致しまして、販売というビジネスを超えた部分で、出来るだけ良い状態で新オーナー様と共に後世に残していける大切な車輛の1台にさせて頂きたいという思いで、誠に僭越ながら今回このような条件を付けさせて頂きました。
但し、この諸条件は、あくまでもお客様の自己判断でございます。
気になる方はお問い合わせ頂ければと思っております、よろしくお願いいたします。

担当 田中
tanaka@quick-t.co.jp

クイックトレーディング サービス部

  1. 2017/09/13(水) 20:20:35|
  2. 販売車両情報

USED CAR入庫予定速報!!
LANCIA DELTA EVO 販売車両入庫予定速報!!

近日中に久々の超レアモデルDELTA EVOの販売車両が弊社に入庫致します!!

MARTINI6 ②

MARTINI6.jpg
*写真は実際入庫するモデルと同じになります

デルタに詳しい方ならこの写真ですでにモデルはお分かりになると思いますが。。。
また今回の車両に関しましては販売に当たり幾つかの条件を付けさせて頂きます。
詳しい車両詳細や販売条件等は車両入庫後アップさせて頂きます。

クイックトレーディング サービス部
  1. 2017/09/10(日) 19:34:33|
  2. 販売車両情報

2017-09-01 ALFA CORSE GTV
ALFA ROMEO CORSE GTV Gr.N V6 2.0 TB


弊社にて新車よりメンテナンスさせて頂いていたALFA ROMEO CORSE GTV Gr,N V6 2.0 TBの中古販売車両が入庫し、本日より高島平ショールーム内に展示しております。

P9010183.jpg

P9010186.jpg

P9010182.jpg

P9010189.jpg

P9010188.jpg

P9010192.jpg

P9010191.jpg

年式  1998
距離  89,300km
排気量 1996cc
ボディーカラー  赤
複数オーナー/LHD 5MT 
車検 無し/2年取得渡し
修復歴無し
A/C,P/S,P/W
OPリヤスポイラー装着車両
シリアルNo-15
ASSO 17inch Partire
sparco アルミABCペダル
記録簿有り
弊社入庫時外装オールペイント済

PRICE ¥750,000
*消費税及び登録費用は別になります。

外装は塗装の劣化が激しかった為、弊社入庫時に同色ペイントさせて頂き、下部の黒の樹脂モール部分も同色に塗装しています。
また室内は運転席/助手席共レザーのヒビ割れが御座いますが全体的には綺麗な部類だと思います。
ただし、乗り出しに当たり初期化しなければならない部分が御座いますので、要相談とさせて頂きます。
またご不明な点等のご質問は担当までご連絡お願い致します。
担当 田中
tanaka@quick-t.co.jp

クイックトレーディング サービス部
  1. 2017/09/01(金) 19:19:37|
  2. 販売車両情報

2017/08/12本日の本社工場
本日の本社工場です!

大型の台風が去って、夏の暑さが少し落ち着ている本日です。
明日の営業で夏前半戦一段落となります、8月14日(月曜日)から8月19日
(土曜日)まで、夏季休業となります。
お休み中はご不便をお掛けいたしますが宜しくお願いいたします。
夏休み居残り組で工場がまだ一杯です、フェラーリのエンジンメンテナンス車両
ALFA ROMEO GTVSP リセット中のDELTA EVO-Ⅱ。。。。。。
休み明け8月20日から頑張りますので宜しくお願いいたします!

≫≫  ちょっとネタばらしでALFA ROMEO SPはパリダカールなど歴戦の
ラリードライバー根本 純氏の車両です。
フェラーリはこれまたブレーキの世界的メーカー”TAROX JAPANの社長 
佐々木氏の車両どちらもレース界の重鎮で気が抜けません。。。。
ベストなメンテナンスを施工させて頂きます。。


DSC_6629.jpg
DSC_6631.jpg
DSC_6633.jpg

Quick Trading サービス課
  1. 2017/08/12(土) 18:47:18|
  2. その他お知らせ




| ホーム | 次のページ